『ファッションワールド東京』皆さんからの声をいただいて気付いたこと。


VMDコンサルタントの藤井雅範です。

_MG_5351 のコピー_MG_5392 のコピー 

4/1にファッションワールド東京でセミナーを行なわさせていただいて、まる一週間が経ちました。

当日の名刺交換、その後のフェイスブックメッセージ、ブログへのコメント、ダイレクトメッセージなどで沢山のご意見をちょうだいしました。

 皆さんからただいた声

『ファッションではないですが、VMDの重要性を感じはじめていたところなので、勉強になりました』(家電代理店)

『コスメティック業界ですが、今後ますます見せ方を工夫する事が大切だと思いました』(化粧品会社)

『是非社内でVMDセミナーをお願い出来ませんか?』(ブランド責任者)

『web世界でもVMDの必要性を感じました』(アパレル経営者)

『視野を広く持とうと思いました』(ファッション販売職)

『お客様が入ってみたくなるVMDにチャレンジしてみます』(ファッション販売職)

『早速お店のVMDを変更したくなりました』(専門店オーナー)

『自ブランドのVMDの確立に役立ちました』(ブランドVMD)

『参考になりました。これからもブログで勉強させていただきます』(デコレーター)

などなど・・・

とっても嬉しいお言葉の数々。

主催者からも、その盛り上がりと参加者の満足度が高い様子を感じとれた、とコメントをいただきました。

参加してくれた皆さん、応援してくださった皆さん、本当に感謝です!

 ボクが感じたこと

この一週間、色んなコメントをいただいてボクが感じたこと。

①VMDがとても重要だと気づきはじめた人たちが確実に増えて来ている。

②学びたくても、学ぶ場、を見つけられていない。

③業種によって違うものだと、思い込んでいる。

④ファッション以外の業種もVMDの関心度が高い。

こんなことです。

 

①VMDがとても重要だと気づきはじめた人たちが確実に増えて来ている。

これは色んな場面で感じる。

特に、リアル店舗の価値、その重要性に気づきはじめたお店。

オムニチャネルの充実を図ろうとしている企業。

ショールーミング展開を視野に入れているお店。

などから強く感じます。

ネット販売に強い、だから余計にリアル店舗の価値に気がつくのかもしれませんね。

②学びたくても、学ぶ場、を見つけられていない。

店頭の販売スタッフ。

その中でも意識の高い、志しの高い人たちからのコメントで感じました。

確かに、教科書的なVMDを学ぶ方法は書籍やオープン講座みたいなものからは可能かもしれません。

しかし、今の時代や、該当業種や店舗形態に応じて、確実に売上につながるVMDを学ぶ場、というものは少ないのかもしれませんね。

今後とも、志しの高い販売スタッフの、お役に立てる活動が出来れば良いなと思います。

③業種によって違うものだと、思い込んでいる。

VMDはファッション業界特有のものだから我々には参考にならない、そう思ってる人がまだまだ多いんだな、と思いました。

しかし、食品であれ、雑貨であれ、書籍であれVMDは大切。

基本の考えは同じ、何です。

店の語源は見世棚↓

“店”の語源、ご存知ですか?

棚に並べてみせる、というのは多くのの流通業で行なわれていること。

ボクのセミナーに参加された人は感じていただいたはず。

八百屋さんもVMDで売上が変わるってことを・・・

④ファッション以外の業種もVMDの関心度が高い。

例えば自動車のディーラー。

お客様に気軽に入っていただきたいのに、どうすれば良いかわからない。

せっかく大きなショールームがあるのに、外に向かってみせる工夫をしていない、どうして良いのかわからない、そんな話も聞きました。

勿体無い。

良くあるのがバラバラと色んな車種を色んな色で並べている配置。

一色で統一して、デザインの違いを見せる。

一車種に統一して、カラーの違いを見せる。

こうするだけで、とてもインパクトが出ます。

その車の魅力が伝わりやすくなるのに・・・

 まとめ

VMDを取り入れることでお店はますます魅力的になる。

ボクもそのことをもっともっと発信していこう。

皆さんからいただいた声を聞いて、改めてそう思いました。

 

・・・・・そういうことです。

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

Comment

  1. あおきゆき より:

    藤井様

    先日のセミナーでは、貴重なお話をありがとうございました。
    改めて、がんばろう!と思えた素敵な時間になりました。

    営業時間にはボディが着てる服や、テーブルのディスプレイなどが乱れたりする事も多々あるのですが、そんな小さな事ですが、以前より気付けるようになっている気がしております。

    接客のスキルと共に、お店の見せ方を磨いていきたいと思います。
    お客様に喜んでいただいて、本当の意味で楽しいって思いたいです。

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑