ブログを書き続けていることで体験したこと

公開日: VMD


こんにちは!

藤井雅範です。

Alexas_Fotos / Pixabay

嬉しい瞬間がある!

話せば長くなりますが、ブログを書き始めてもう5年になろうとしています。

おかげさまで今まで結構な数の人がブログを読んでくださっています。お仕事のご依頼もブログが決め手となって戴けることもあります。

そしてたまーに、全く知らない人に声をかけられる(年に四~五回です)

空港のラウンジや、展示会場や、商業施設の中で。

「あのぅ、藤井さんですよね?はじめまして!いつもブログ読んでいます」

「はぁ、どうも」

「がんばってください、これからもブログ読みますから!」

「あっ、はい・・・」

もちろん自己紹介してくれて名刺を戴けたりすることもありますが、そのまま話がそこで終わって別れてしまうこともある。

どちらにしろ、そんな時はとっても嬉しいのです。

 

ボクは元々お話上手ではないし、社会的順応力はどちらかと言うと劣っているようです。

突然話しかけられた時にその場で会話を盛り上げたり、とっさに名刺交換をしたりという対応がなかなかできない。

でもやはりそういう時は気になって、「ホントにいつも読んでくれてるんだろうか?」とブログのアクセス数を確認したりするんです。

Twitterをフォローされるんじゃないか?Facebookの友達申請が来るんじゃないか?とチェックをしたり。

 

結果的にはアクセス数も上がらないし(元々大して多くない)それらしき人にフォローもされないし、友達申請もこない。

「一体あれは誰だったんだ?」と謎は深まるばかりです・・・

「読んでるんならコメントぐらいくれたって良いじゃん」と横柄に考えたり「いやいやホントはいつも読んでるわけじゃないでしょ」と卑屈に考えたりする小心な自分がいます(笑)

 

ボクにとっては、突然声をかけられるのは滅多にないことだから、まぁ良い方だと思う。

でも人気のあるブロガーさんやSNS上で有名な人は結構大変なんだろうなって。

しょちゅう声かけられるだろうし、中にはサインを求められたり。

そして彼らも気にはなるでしょうね。ブログのアクセス数やTwitterのフォロワー数やFacebookの「いいね!」の数が。

それが毎日だったら大変なんだろうな~、きっと。

 

でもね毎日ブログ書くことはとっても良いこと。コレは本当です。

一日あたりのアクセス数は確実に増えるし、自分のモチベーションも上がる。

反応も大きくなります。

去年はサボリ気味だったので今年はペースをあげるぞ!と宣言してみる。 もう43日経ってしまいましたが(笑)

 

あっ、本当に読んでくれている人には感謝しています。

だから見かけたら懲りずに声かけてくださいね。

会話ができるように練習しますから(笑)

 

そして、最近ブログを書き始めた皆さんへ!

辛い時もあるでしょうが続けてくださいね。

1000記事までは出来れば毎日続けて書く。

その先には、きっと良い体験が待っていますよ!

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP