入店客数がアップしたVPチェンジ

公開日: VMD事例

今日はショッピングモールの
巨大な駐車場で
自分の車を見失ってしまった。

あまりの巨大さは
時として錯覚を産む。

あるはずの車がそこに無い・・・

?????

でもよくよく見れば
ちゃんとありました。

車止めが無かったスペースなので
少しバックさせすぎて

目立たなかっただけで・・・

ちゃんとシェヴィーは
ボクを待っていてくれました。

 

さて、以前、入店客数がアップした
VPの話を書きました。

《クリック》
VP:ヴィジュアル
プレゼンテーションについて

今回、また入店客数を調査する
機会がありましたので
紹介しますね。

このお店は、間口がとっても大きく
4つの入り口があります。

そして、向かって一番左に
ショーウインドウがあります。

最初の調査(1時間)では
総入店客数が78名。

うち、ショーウインドウ脇の
入り口からは8名(10.3%)の
入店がありました。

そこで、ショーウインドの
スタイリングを少々見直しました。

同時にマネキンの構成を
工夫しました。

その後の調査(1時間)では
総入店客数が106名。

うち、ショーウインドウ脇の
入り口からは20名(18.9%)の
入店がありました。

このショーウインドウを見て
入られるお客様が
大きく増えたのです。

これがビフォア、アフターの
写真です。

ビフォア

ビフォア

アフター

アフター

 

違い、わかりますか?

  1. 2体のスタイリングの要素を
    絞り込む
  2. 雑貨、アクセサリーの使い方
    を工夫しインパクトをつける
  3. マネキンの向きを工夫する

①について、ビフォアの写真では
左のスタイリングがカジュアル
アップされたものであるのに対し
右はキレイメなスタイリングと
なっています。

②について、アフターの写真では
スタイリングのイメージを強調する
雑貨、アクセサリー使いが
工夫されています。

③について、ビフォアの写真では
マネキンが正面を向いています。

しかし、正面からこちらに向かって
歩いていらっしゃるお客様は
ほとんどいらっしゃいません。
右方向あるいは左方向から
歩いてこられます。

このショーウインドウの場合
向かって左側は壁になっているので
右から歩いていらっしゃる
お客様の方に向けてマネキンを
向けています。

またスタイリングの要素が
絞り込まれているので
二体を近づけて構成しています。

こうすることで、お客様からも
認識され易くなります。

アイキャッチがあり
足を止める方が増えます。

ウインドウを見る方が増えます。

入店客数が増える
ということになります。

入店客数を増やす工夫
まだまだ書いて行きますね。

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑