あなたのビジネスは絶滅してしまうかもしれない・・・


地球が誕生してから現在までを一年というカレンダーに例えてみる。

そのカレンダーの中で人類が登場するのは、なんと12月31日の23時37分らしい。

つまり、人類が登場してから現在まで、わずか23分しか経過していないことになります。

IMG_6416

エクスマセミナー、オープニングでの藤村正宏先生。まるでライブを見に来ているようです。

人類はまだ目覚めたばかり・・・

そうですね。

大きな目で考えてみると、人類がやってきたことなんて一年のうちの一日目の朝。

朝起きて『おはよう』と言って顔を洗ったくらいの、ほんの短い時間なんです。

これから長い一日が始まって、更にそれが365日繰り返される。

地球の長い歴史から見れば、人間なんてまだそれっぽっちの存在でしかない。

 

人類誕生から現在まで、様々な進化や変化がありました。

そして今も日々それは起こり続けています。

過去の歴史を紐解いてみても、変化に対応できないものは絶滅しています。

好もうと、好まざろうとやってくる変化には対応することです。

生き延びるためには進化すること。

それが出来ないと絶滅が待っている。

20世紀的なビジネスはとっくに終わっているのです!

『モノが良ければ売れる時代は終わった』

30年前にそういう人は、まだ僅かでした。

でも今はそういう人はたくさんいます。

しかし、ビジネスの方法を変化させた・進化させた人がどれほどいるのでしょう?

相変わらず『モノが良ければ売れる』とどこかで思っている・・・

 

対象顧客の人口は減っています。

なのに商業施設はまだ開発され続けている。

更にEC(インターネットで物を売買すること)はますます充実してきています。

そんな状況・・・

もしあなたが、リアル店舗でも売上を取っていくことを望んでいるのなら、変化・進化しなければ待っているのは絶滅のみです!

リアル店舗でしか味わえない価値を創造し提供していますか?

顧客から信者(ファンからサポーター)になっていただけるコミュニティづくりをやっていますか?

SNSを取り入れればそれだけで売上が上がると思っていませんか?

まさか代理店に丸投げして効果が上がるとは思っていませんよね??

手間がかかるから人の心に届く!

SNSは手間がかかります。

SNSはソーシャル・ネットワーキング・システム。

ソーシャル=交流。だから良い発信やコメントをすれば共感が生まれるのです。

そうです、SNSは共感を生むことが出来るツール。

だからビジネスでも使うべきなんです。

でも手間がかかる、時間もかかる。

手間がかかるからこそ人の心に届くのです。

SNSに取り組んでいないというのは、変化に対応していないということ。

まさに絶滅の危惧に瀕していると言っても過言ではないのかもしれません。

エクスマセミナーはビジネスセミナー。だからSNSはかかせない。みんなでインカメ(自撮り)の練習もします!(笑)

エクスマセミナーはビジネスセミナー。だからSNSはかかせない。みんなでインカメ(自撮り)の練習もします!(笑)

やりましょう。

SNSであなたの思いを伝えましょう。お客様の役に立つ発信をしましょう。

売り込んだり、業者に丸投げするのではなく自らお客様のことを考えて発信する。

交流を楽しむことです!

 

昨日のエクスマセミナーに参加して、強く強く再認識したのは

 

・・・・・そういうことです。

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP