絵を描く人がアーティストなのではない。哲学を表現できる人がアーティストなのだ。


こんにちは!

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

 

先日、デザイナーのコシノヒロコさんのお話をお聴きする機会がありました。

AAP(芦屋アートプロジェクト)の主催するトークセッションです。

ASHIYA

『クリエイションするためには自らの環境を作り出していく事。海、山、都会、全てが揃っている街、それが芦屋』

コシノヒロコさんはもう43年芦屋に住んでいらっしゃるそうです。
自らをどんな環境に置くかって、大切ですね。

自分の環境を変えることで、人格まで変えていけるともおっしゃっていました。

好きなことして生きていく

自分のやりたい事をやり続けることが最高なのです。今の暮らしの中で何に興味があるのか?何がしたいのか?それを知り継続させること。

コンピューターは、モノづくりのアイディア出しに応用出来る(万華鏡アプリを見て図案のヒントにしたり)。しかしチョイスするセンスは人間 だけが持っている。

コシノヒロコさんはファッションの専門学校時代からデザインを考えることは好きだったそうです。

反面、実際に縫い上げたりするのはあまり好きじゃなかったらしい。

お母さんに頼んで、実家のお針子さんに縫い上げてもらっていたそうです。

確かに、自分のやりたいことに没頭できるのなら、それ以外のことは誰かに助けてもらえるならば助けてもらうことは決して悪いことではない。

そしてこれからの時代はどんどんAIがそれを行ってくれる様になるでしょうね。

ブランド 

営業が今売れてるというものはもう作りたくない。作っても売れなかった。

人の作品の良いところを見る感受性を自分が取り入れる事で、全くのオリジナルが出来る。そしてそれは再現性がない。だから毎回違う作風になる。

ビジネスを成立させるためのマーケティングは大切。

しかし、売上を上げることありきでモノ作りをしても成功しませんよね。

クリエイターとして大切にする部分は守る。

結果的にそれが、長く続くブランドとなっていくのでしょう。

アート

絵を描く人がアーティストではない。哲学を表現できる人がアーティストなのだ!

アーティストが哲学を表現する。(場、タイトル、表現方法)観る側も一歩近づいて感じ取る。(こうであらねばならない、ではない自由な心)お互いにそういったコミュニケーションをとること。これはビジネスのヒントにもなる。

コシノヒロコさんは自らアーティストでもあります。

ニューヨークで個展を開くほど。

今も神戸の六甲アイランドにある【神戸ファッション美術館】の名誉館長を努め自らの作品の常設コーナーも出来たそうです。

また、芦屋の旧邸をギャラリーとしてリノベーションしたらしい。

アーティストとして、単なる絵かきではなくこれからは哲学を発信することの重要性を感じられているようです。

 

これはまさにGUTAI(具体美術協会)の精神に通づる、と感じました。

そしてビジネスの世界でも言えることではないか?とも思いました。

『商品が良ければ売れる』時代から『その会社のもつ哲学に共感して売れる』時代へと進化していくのではないかと・・・

  

トークショーの途中で、コシノヒロコさんが胸元につけていたピンマイクが、首にかかっているネックレスと干渉してザワザワと雑音を立てるシーンがありました。
すると、「こうしておこうかしら」と言ってネックレスを斜めにタスキがけにされた。

一見考えられない行動。

でもそれを平然となさって、またそれはそれでカッコ良かったのです。

80歳を超えられてもチャーミングな女性の一面を見せてくださいましたよ!



ファッション・アートそして芦屋。

コシノヒロコさんのお話、興味深く共感できる内容だったなぁ。

お得な特典は、今月いっぱいで終了!

限定特典:『あなたの街で出張コンサルティング!』

2019年1月31日までにDVDをお申し込みいただいた方限定での特典です!

藤井雅範があなたの街へ出かけます。その場で出張コンサルティングを行います。

しかも無料!(もちろん交通費も)

ちなみに通常のスポットコンサルティングは1時間5万円(税及び交通費別)

店舗のワンポイントアドバイス、ディスプレイテクニック、売上分解によるご相談

SNSやブログの活用、社員の皆様へのセミナー、展示会や店舗の出店改装の相談

ブランディングやディスプレイツールの相談まで。

一時間を目安に対応いたしますよ。(実施日時は要相談)

経営者の皆さん、事前にスタッフの皆さんにDVDを観てもらった後に、無料コンサルを受けられると実行力が増します。DVDなので復習も何度でも可能です。

この機会をご活用いただき、売上アップへとつなげてくださいね!

DVDのお申込みはこちらから↓

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP