そのパレードは万博会場へ

こんにちは!

藤井雅範です。

 

皆さんは『パレード』といえば何を思い浮かべますか?

ディズニーランド?

オリンピック?

それとも王室の即位や結婚式?

 

ボクが実際にパレードに参加したのは“神戸まつり”くらいかな〜?

“神戸まつり”の前身は“神戸カーニバル”。

その頃から“サンバ”で行進するのが恒例になったそうです。

ボクたちは社会人一年目の時に三ノ宮の街を行進しました。サンバのような華やかな衣装ではなかったですが(笑)

沿道で観るのも良いですが参加するのも気持ちよかったですねぇ。

 

『パレード』とは、お祭や行事のときに、見物人に見せるために屋外を行列で進むこと。

『パレード』というその言葉の響きが好きです。なんだかワクワクさせてくれる。

山下達郎の曲にもありましたね〜

1970年のパレード

ボクが生まれて初めてパレードを目にしたのは1970年のこと。

当時小学一年生だったボクは、学校から帰って祖父宅にいた。

家業が街の不動産屋さんだったので、祖父の自宅兼事務所である。

奥の座敷でぼんやりしていると父親に呼ばれた。

『国道を見に行ってごらん』そう声をかけられたので、素直に出かけた。

その国道2号線は祖父宅のすぐ近く。

そこで目にしたものはボクを本当にビックリさせた。

心臓がドクドク脈打つのを感じるくらいに。

 

普段は自動車が走っている国道2号線。

その時ばかりは普段と違う風景。

なんと、象と象使いによる大行列のパレード!

本物の象に人が乗っていたり、ロープで引かれたり。

見渡す限りの長ーい行列。

そして象使いはみんな外国人に見えました。

顔立ちも来ている服装も当時のボクには見慣れない格好だった。

『どこからやって来たんだろう?』『どこに向かっていくのかな?』『これから何が起こるんだろう?』『象は逃げ出さないの?暴れだしたりしないのかな?』???

もちろん象は象。しっかりと象らしく大人しかった。

象たちは人の良さそうな(像の良さそうな)、けど少しだけ寂しそうな目をして行進して、やがて過ぎ去って行った。

さて彼らの役割は?

あとで聞くと、大阪で行われる万国博覧会の会場へ向かっていったそうです。

おそらく、タイから船で運ばれ神戸港へ着いた。

そこから大阪の千里丘までこのようにパレードして移動したんですね。

 

万博でもパレードしたのだろうか?どこかのパビリオンでショーでも行ったのかな?

想像がつかないけど、圧倒的な数の象が大移動していたんです。

本当に、あれほど驚いたことはその後もないかもしれない。

そんなパレードの思い出。

 

 

 

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*