• HOME
  • BLOG
  • VMD
  • なぜ革ジャンは馴染むまでに時間がかかるのか?

なぜ革ジャンは馴染むまでに時間がかかるのか?

こんにちは!

藤井雅範です。

ファッションの基本はコーディネートだと思う。

どれだけ高価で上質なモノを身に着けていても、それが全体の雰囲気と合っていなければオシャレではない。

なにより自分の気持が上がらない。

逆に長年着慣れたアイテムたちを、ちょっとだけコーディネートを変化させて良い感じになったときは嬉しい。

だからよく活躍する定番アイテムを決めておくと便利です

それらをコーディネートの中心にスタイリングを組んでいくと、あまり外れません。

少々冒険したアイテムを取り入れても落ち着いたりする。

だから定番アイテムはしっかり馴染んだ方が良いのです。

革ジャンとブーツのメンテナンスをしました

穏やかに晴れた暖かい秋の日、革ジャンとブーツのメンテナンスをしました。

ボクの場合、コレにデニムを加えたものが秋冬の定番アイテムです。

身体になじませるには沢山着ること。

登場回数を増やすことで、それらのアイテムをよく知ることができる。

そして使い方もわかります。

「裾は2回ロールアップしたほうが良いな」

「袖はまくったほうが良いな」

「紐は一番上まで締めたほうが良いな」

「ジッパーは閉めないほうが良いな」などなど・・・

そして本当に体に馴染むという点もある。

ブーツなんかは足の形にそって中敷きが沈み込むし、革も柔らかくなって足を包み込んでくれます。

革ジャンもそう。

着込んで着込んでレザーオイルでメンテナンスして、何年も経ってようやく身体にフィットしてくれます。

この鹿革のA2(フライトジャケットの名称)なんて10年位かかってようやく馴染んできた(笑)

そうすると手放せないアイテムになる。

色も深く落ち着いてきて、コーディネートもしやすくなります。

しかし考えてみると革ジャンって着る季節が結構短い。

10月はまだ暑いし、1月の寒さには耐えきれない。

結局11月と12月の2ヶ月間だけ。

あんまり着る機会がない。

道理で馴染むのに時間がかかるわけだ(笑)

社員研修に使用できるDVDが発売されました!

VMDの基本から売上をアップさせるシナリオ作りまで収録しました。

そのまま社員研修にも使用できますよ!

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

*