解釈を変えれば新しいビジネスになる!


栄養ドリンクの元祖

薬屋さんで栄養ドリンクを飲んだことありますか?

ちょっと疲れた時、冷蔵庫に入った冷えたドリンクを飲み干すとなんだか元気になる気がしますね!

このように薬屋さんに栄養ドリンクの入った冷蔵庫が置かれ始めたきっかけ。

それはあの「リポビタンD」が始まりだそうです。

美味しく飲むには冷やすことが大切!

昭和30年台、栄養補給のための内服液といえば小さな薄いガラス壜に入った「アンプル剤」が流行していました。

その味は薬臭く、アンプルのガラスを割る作業に抵抗感を感じる人もいたようです。

そんな時に、パイナップルフレーバーで美味しく飲みやすい「リポビタンD」が大正製薬から登場しました。

ただし問題は、美味しく飲むためには冷やしておくことが大切だということ。

そこで大正製薬は牛乳用の冷蔵ストッカーを転用した、「リポビタンD」 の専用冷蔵庫を置いてもらうことを薬屋さんに提案したそうです。

薬屋さんからは「うちは牛乳屋じゃない!」と反発もあった様子。

しかし蓋を開けてみればお客様からの評判もよく、飛ぶように売れ始めたそうです。

ドリンク剤

薬屋さんの解釈を変えてみよう!

従来の考えであればこうでしょう。

『栄養補給の内服薬=まずくて飲みにくい』『薬屋さん=お薬を販売する場所』

しかしこれを『栄養補給の内服薬=美味しくゴクゴク飲める』『薬屋さん=美味しくドリンクが飲めて元気になる場所』という風な解釈に変更できた。

結果、飛躍的な販売実績につながったということでしょう。

解釈を変えれば新しいビジネスになるんですね!

 

今では栄養ドリンクの冷蔵庫を置いていない店のほうが珍しいくらいです。

大抵その場で、サッとゴクゴク飲める。

中には、ビタミンの錠剤をサービスしてくれるお店もあります。

「リポビタンD」の登場は、モノだけでなく売り方を変えることでお客様から大きく支持された、という良い例ですね。

あなたの扱う商品、売り方を変えることによって新しい価値を伝えられるものはありますか?

 

・・・・・そういうことです。

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

PAGE TOP