売り込むな!情緒ある応対をしよう!

公開日: VMD ,


VMDコンサルタントの藤井雅範です。

先日のお話。

あるファッションビルのセレクトショップへ入ったときのこと。

お店に一歩足を踏み入れた途端、『何かお探しですか』『当店はよく来ていただいているんですか?』『こちらにはセール品もありますよ』

と畳みかけられるように話しかけられました。

ボクは特に目的はなかったけれど、セレクトの内容が良さそうだったので覗いてみたのです。

でも、その怒涛のお声がけ(笑)に圧倒されて、商品を吟味するまでもなくそそくさとお店を後にしました。

お客様に情緒ある応対をしよう!

お客様と関係性を持とう、商品のセレクトをお手伝いしよう、お得にお買い物していただこう、そんな気持ちを持つことは良いことかもしれません。

しかしお店に入っていきなりそんな質問をされてみたらどうでしょう?

売り手にとって必要な、紋切り型の質問をいきなりされてもお客様は戸惑うばかりです。

まずお客様にそっと目をやり、お客様の様子を見てからどんなアプローチを取るべきか?それを考えて行動に起こすことです。

citizens of humanity3

 

例えば、大切な人にお手紙を書く時、いきなり必要な要件を書きませんよね。

まず季節の挨拶や、相手への気遣いの言葉から始めることでしょう。

そういった、手順を踏んだり、間、を空けるはずです。

そういう『情緒』を取り入れた応対を心がけたいですよね。

演劇や小説の構成にヒントがある!

お手紙はもちろん、演劇や小説でもそうです。

プロローグというものがありますよね。

(プロローグ=文章や物語の導入部のこと演劇や小説でその主題や後に起こる出来事を暗示する内容を持った前置きの部分。)

これがあることで、ついつい引き込まれるのです。

どんなにドラマティックな展開でも、いきなり主題に入る形はほとんどありません。

それだけプロローグは大切なのです。

 

だからお店でお客様をお迎えする時にも、プロローグを考えて差し上げましょう。

それがあることで、今後の購買行動に期待感が膨らむのです。

そしてお帰りになる際の、エピローグも考えておきましょう。

エピローグ=文学作品や映画、ドラマなどにおいて物語を完結させるために、物語中の視点から描かれた結末の部分のこと

そういったシナリオを描くことで、『情緒』ある購買体験をしていただけるのです。

 

お店での購買体験の中にも、文学的な要素や演劇的な要素を取り入れるところにヒントがあるように思います。

あなたのビジネスにも『情緒』を取り入れてみましょう。

 

・・・・・そういうことです。

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑