アクセサリーのVMD


VMDコンサルタントの藤井雅範です。

 

ジュエリー屋さんとアクセサリー屋さん

アクセサリー屋さん、良くみてみれば沢山ありますね。

とっても魅力的なお店もあれば、そうでもないお店もあります。

いわゆるジュエリーを扱う宝飾店と、ファッション雑貨としての単価の高くないアクセサリー店では見せ方も違います。

ジュエリーショップの場合

基本的にガラスのショーケースに収められている。

商品からタグ(下げ札)は外され、プライスのみ小さなプレートで表示。

素材感、本物感を演出する為に、クリスタルや上質なアクリル、レザーやウッドなどのプレートやライザー(演出補助道具)に陳列される。

ピントの絞られた照明があてられている。

一定のスペースには少量ずつ丁寧に配置される。

ファッション・アクセサリーの場合

お客様自ら直接触れるように陳列されている。

商品のタグは付いたままの状態、プライスもタグをみて確認。

トレーに置かれたり、ライザーに置かれたり、ペグ状のフックに引っ掛けられている。

あまり絞り込まれていない照明。

ボリューム感があって、沢山の中から選ばせる陳列。

 

ファッション・アクセサリーの場合、このようにジュエリーショップとは大きく見せ方が違います。

一点単価が違うので当然ではありますね。

ただ、そのままでは一点の良さを表現しづらい・・・

アクセサリーだから工夫したい点とは?

アクセサリー、特にネックレスやペンダントやピアス。

一点一点が小さく繊細です。

それなのに、とっても大きいタグ(下げ札)が付いていたりする事があります。

そのまま陳列していてもぜんぜん商品が映えなかったり・・・

整然と並べてもタグ(下げ札)ばかり目立ったり。

フックに引っ掛けてあるペンダント。

小さくて繊細が故に、引っ掛けてある背面が抜けていたり、コントラストが無かったりすると全く目立たなかったりします。

下げ札のデザインを見直す

サイズを小さくする。

逆に大きくして、商品とコントラストをつける。ネックレスならばシルエットもきれいに出るし、下げ札自体が背景になってくれる。

什器や店舗内装と調和させる

商品自体が映える色に下げ札のカラーを設定する。

下げ札のカラーを什器の背面のカラーに取り入れる。

下げ札のカラーを什器のフレームのカラーに取り入れる。

こういった点を見直したいですね。

下げ札が目立ち商品が良く見えない

下げ札が目立ち商品が良く見えない

下げ札が目立つ

下げ札が目立つ

下げ札が小さい、又は上手く隠されている

下げ札が小さい、又は上手く隠されている

下げ札が店舗内装のアクセントとしても機能している

下げ札が店舗内装のアクセントとしても機能している

まとめ

商品が主役で道具は脇役。

商品が引き立つようにタグや什器、店舗内装といった道具を改善させましょう。

そうする事で、店舗全体が引き立つ計算になれば尚良いですね。

遠目にもインパクトのある店舗になる事でしょう。

まず店舗インパクトで引きつける。

近づいても一点一点が良く見える。

そんなシナリオでお店を作ってみませんか?

 

・・・・・そういう事です。

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑