新規出店するのに適した時期は?

公開日: マーケティング


出典 blog.goldini.com

出典 blog.goldini.com

“人間の創造性こそ
 唯一の資本であることが
 明らかになる日が
 来るでしょう”

ヨーゼフ・ボイス

 

新しくお店をオープンさせる際
どんなタイミングがベストなのか?

ジャックと話したことがあります。

結論は
『閑散期にオープンさせる』
ということです。

さて、どうしてなんでしょうね。

 

 

20130701-2

よく、オープン時期は
売上のピークが見込める時期や
セール開始時期に
合わせることがあります。

この時期にオープンすることで
よりたくさんのお客様に
お店が出店したことを
知っていただこう
という思いからでしょう。

また、オープン時に
売上を最大にとっていこう
という方針をとっているお店が
あることも聞きました。

これはオープン時の売上初速をあげ
ディベロッパーの評価
評判を良くして
次の出店につなげていこう
という思いもあるそうです。

 

そのために
『目玉商品』と称して
破格値の商品を用意し
宣伝告知する。

そのときだけの
ヘルプスタッフを充実させ
レジやおタタミ、商品出しの
オペレーションも通常とはほど遠い
充実のさせかたをしたり。

とっても必死で
売上の初速をとっていこう
としています。

これって
どうなんでしょうね・・・

 

オープン時期が
売上のピークが見込める時期や
セール時だったとすれば・・・

スタッフがオペレーションに
なれていない状態で
沢山のお客様と
接することになります。

せっかくたくさんのお客様が
来てくれても
不慣れなオペレーションに
あったために
二度と来てくださらない
こともあります。

 

また、破格値の目玉商品につられて
来店されたお客様が
通常の顧客として
お店のファンに
なってくれるでしょうか?

破格の値段でついたお客様は
プロパーではなかなか買って
いただけませんよね。

 

また、通常時にも
充実したスタッフ配置を
継続できるのでしょうか?

人件費比率等の事情から
欠員ギリギリの配置になってしまう
のではありませんか?

 

せっかくオープン時に
お店に来てくれたお客さんが
再来店されたときには
がっかりさせる内容には
なっていませんか?

更には、オープン時に
身の丈以上の売上を
とってしまったとしたら・・・
おそらくその実績をベースに
売上計画を立ててしまいますよね。

一年後には
前年実績をクリアできない
未達成店舗と
評価されてしまったり・・・

なんだか
誰も幸せにならないですよね。

 


 

ボクとジャックの話で出た結論。

出来るだけ、閑散期にオープンし
スタッフが充分慣れた頃に
売上のピークを迎える
というのが理想。

お店のオープンは
“目先の売上をとる場”ではなく
“将来の優良顧客との出会いの場”
と、とらえましょうね。

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑