野球も広告も目に入ってこない!?ドームの広告環境

公開日: マーケティング ,


週刊御意見番

サンデーモーニングという番組を見ました。

その中に『週刊御意見番』という番組があります。

往年の名選手、張本勲さん達が出演して、一週間のスポーツを振り返り“あっぱれ!”や“喝!”といった一言を発するアレです。

現役時代の金田正一

現役時代の金田正一

今日のゲストはかねやんこと金田正一さん。

ボクも大好きな選手・監督でした。

400勝を記録した大投手。

実は打者としても記録を持っている。

自分が投手として起用された試合だけで36本の本塁打を打っているそうです。

コレはすごいことですね。

相変わらず毒舌を吐いていましたが、これだけの実績のある人が話すと納得してしまいます。

 

広告数が増えた!

さてそんな番組を見て気付いたことがあります。

それは、野球場の広告のこと。

 

ヤフオクドームの場合

テレビでは、ピッチャーの後ろの視点からホームを中心にバックネットが映し出されるアングルがよく映しだされます。

そこは絶好の広告スペースでもある。

今日映しだされたヤフオクドームの映像。

バックネットの広告類のうるささがとても気になりました。

整理すると以下の三点です。

量の多さ

サイズの不揃い

色使いが多すぎてハレーションが起きている

 

横浜スタジアムの場合

対して、横浜スタジアムは違った印象で映しだされました。

量は多い

サイズや目線が整理されている

カラーはブルー✕白で統一

 

広告自体が目立っているのは圧倒的にヤフオクドームです。

しかし、ハレーションが強すぎて一つのものが深くは目に入ってきません。

一方、横浜スタジアム。

環境に溶け込んだ広告なので違和感がない。

ロゴやフォントの違いが浮かび上がり、情報としては整理されて入ってきます。

横浜スタジアム

横浜スタジアム

野球場としても、広告収入が欲しくて欲しくて大変な状況なのは想像できます。

しかし、せっかくの環境を壊していては肝心の野球の試合が目に入ってきません。

コレでは本末転倒ですよね?

情報を整理して伝えられるように広告掲示の環境を整えることも、野球場の運営としては大切なのではないでしょうか?

 

本来の目的はなにか?(お客様にゲームを楽しんでいただくこと)

収益のために必要なことは?(広告収入を得ること)

これらを達成するために徹底的に工夫してみることです。

 

お客さんは広告を見に来てるわけではない、野球を見に来ている。

しかし、広告収入は必要だ。

ではどのようにすれば、“環境を壊さずに伝わる広告になるのか?”

ここを工夫すること!

その結果が、広告効果にも現れ、結果的に広告収入にも繋がると思います。

派手であれば伝わるのではありません。

 

今朝のテレビ、『週刊御意見番』を見てそんなことを感じました。

 

 

《お知らせ》

9月7日『新宿ビジネスセミナー』においてVMDセミナーを行います。

どなたでも参加できて、なんと無料ですよ!↓

『リアル店舗だから出来ること!VMDで伝えていますか?』

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑