なんでもあるお店は忘れられる?


VMDコンサルタントの藤井雅範です。

なんでもあるお店

例えば、あなたが服飾雑貨を扱っているお店を運営しているとしましょう。

バッグや靴や帽子やマフラーストールやアクセサリーなどを扱っています。

お店は駅ビルのグランドフロアにあって、店前通行量も結構多い。

商品はいつも沢山ある。

テイストはとっても幅が広い。

フェミニンなものからマニッシュなもの。

エッジの効いたものもあればとってもふつうの商品もある。

何でもあるお店。

店前通行量が多い限り、売上はとれてゆく事でしょう。

専門的なお店

なんでもあるお店

しかし・・・・・

万が一近隣に同じ様な商品を安い価格で売る店が出現したら?

絞り込まれたテイストを専門的に扱うお店が出現したら?

とたんにあなたのお店に影響が出るかもしれません。

なぜなら、何でもあるお店は記憶に残りにくい、からです。

そのお店が支持されて売上がとれているのではなく、利便性が良いから売上がとれている。

だから、価格競争にも巻き込まれ易い。

逆に絞り込まれたテイストを専門的に扱うお店は記憶に残り易い。

そのテイストに共感したお客様は顧客になってもらい易い。

まとめ

いかがですか?

なんでもあるお店は逆に選ばれる理由が少ないんです。

利便性と価格だけ。

周辺の環境の変化で、売上が左右され易く、お客様に忘れられ易い。

絞り込まれたテイストを専門的に扱うお店は、記憶に残り易く顧客が多い=売上が安定する。

確かにまだとっても見利便性が良く、店前通行量の多い立地は存在します。

そんな場所では、なんでもあるお店が売上をとれる。

しかし、今後はそんな立地も減っていく事でしょう。

人口が減って、お店は増えて、購買方法も多様化していくのだから・・・

しっかりと長期的にビジネスを考える上で、あなたはどちらを選択しますか?

・・・・・そういう事です。

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑