後悔を感謝に変える術

公開日: VMD, コラム


夢を見たときに、その登場人物に感情移入してしまうことありませんか?

 

例えば、どちらかと言うとあまり良いイメージを抱いていなかった人、まぁ嫌な奴(笑)がいたとします。

そいつが夢に出てきて、実は結構可愛そうな境遇で根は悪い奴じゃない、みたいな役柄だったりしてね。

すると起きてからその人に対する悪いイメージが消えていたり。

普段全く意識していなかった人が、なぜか夢では魅力的に描かれていて、そのあと気になる存在になっていったり。

過去の印象や感情というものは、見る夢ひとつで随分と変化するものです。

誰しも過去というものには様々な感情を持っています。

嬉しかったり楽しかったり、悲しかったり辛かったり。

だから懐かしんだり、後悔したりするんでしょう。

 

ただ後悔したり、その時の嫌な感情を思い返すあまり、自分を否定したり拒絶してはいけない。

ずっと嫌なイメージの自分を背負っていると、未来までそのイメージ通りになってしまうから。

今を楽しむことも出来ず、結果的に楽しい未来を描けないのです。

 

“過去の出来事”というもの。

そこには正しいも間違いもない。

ただ、そういう出来事があった、というだけです。

そしてそれは“同じ出来事”でも人によって違う認識や感情を抱いているのです。

みんながみんな同じではない、ということ。

生きていく上であの時の自分は“正しかった・間違っていた”というものはない。

それぞれの認識や感情があるだけなのです。

そしてその認識や感情は、後に変化させることが出来るのです。

 

過去を思い出して懐かしむのは悪いことではない。

ただその時の嫌な感情を繰り返して思い返したり、後悔することばかりに時間を費やすのはよくありません。

まず過去の自分をまるごと抱きしめてあげること。

良い感情を抱いた自分も悪い感情を抱いた自分も、ひとまずそのまんま認めてあげる。

その過去があるから今の自分がある。

その出来事を経験することで学び、成長した自分がいるのです。

自分を否定するのではなく認めてあげること。

 

そして

「くそーっ、なんであんな嫌な目に合わなきゃいけなかったんだ。自分は運が悪い」ではなく「あれを乗り越えられたんだから今の自分は強いんだ」

「あーっ、あの人に悪いことを言ってしまったなぁ。自分はひどい奴だ」ではなく「あの経験があったから今は人に優しく出来ている」

そう置き換えてみることです。

 

すべての過去には意味がある。

そう考えると、過去の印象というものは随分と変化して見えてきますよね。

後悔するのではなく、感謝してみる。

そうすることで今を楽しむことが出来る。

自由に未来を思い描くことも出来るようになる。

そう思います。

 

9/13芦屋 9/18東京でVMDセミナーやります!

テーマは『SNSとリアル店舗』

VMDや接客に工夫しているつもりだけど、数字がついてこない。

SNSの投稿も頑張っているんだけど、売上につながらない。

なんだか仕事が楽しくない・・・

そう感じたこと、ありませんか?

 

SNSとリアル店舗。

その本質とテクニックを学ぶことで仕事が楽しくなる!売上がアップする!

そんなセミナー行うことにしました。

ゲスト講師として、人気インスタグラマーの西岡健斗さんにも登壇してもらいます。

9/13 VMDセミナーin芦屋】

日程:
2019
9月13日(金)

時間:
セミナー/18時~2030
懇親会/2030分~2230分 (セミナーだけ、懇親会だけ、の参加は出来ません)

場所:
ブックカフェ 三日月と太陽 -Sakliev 2F-

兵庫県 芦屋市西山町1-2 2F

TEL 0797-22-8519

参加費:(消費税含)
・セミナー&懇親会:15,000

お申し込み・入金期限:97日(金)

芦屋セミナーお申込みはこちらからどうぞ↓

 

9/18 VMDセミナーin東京】

日程:
2019
9月18日(水)

時間:
セミナー/18時~2030
懇親会/2030分~2230分 (セミナーだけ、懇親会だけ、の参加は出来ません)

場所:

野菜が美味しいLONGING HOUSE CAFE 神宮前

https://www.longinghouse.com/no.2/jingu/
東京都渋谷区神宮前4-22-9

TEL 03-6433-5808 

参加費:(消費税含)
・セミナー&懇親会:15,000

お申し込み・入金期限:911日(金)

東京セミナーお申込みはこちらからどうぞ↓

 

皆さんとお会いできることを楽しみにしています!!!

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP