シークレット・ポイントの楽しみ方!

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

今週は平日に休みが取れたので、波乗りに行ってきました。

その時にチェックしたポイントで、動画アプリHyperlapseを使ってみた。

↓見てください(笑)

メイン・スポット

シークレット・ポイントへ入る

さて、メインのポイントはあまり波が良くなく、人も多かったので少し離れたシークレット・ポイントへ。

いつもは波が無いことが多い、このポイント。

その日は、丁度良い感じに波が立っている。

おまけにそのポイントに入っているのは、SUP(スタンド・アップ・パドルサーフィン)が3人だけ。

波に乗り放題です。

いそいそと準備をして海に入りました。

河口のシークレット・ポイント

河口のシークレット・ポイント

このポイントは、河口のシークレットポイント。

駐車スペースも多くない、エントリー(海に入る)のとき、コンクリートの護岸の斜面を下りるため、苔で足を滑らせやすい、河口であることできついカレント(沖へ出る強い水の流れ)がある・・・・・

ということで、ローカル・サーファーがほとんど。

ボクは県外からやってきて、彼等とは知り合いでもない。

こういう場合、自分の対応ひとつでその日の楽しみ方が変わります。

 

昔からのサーファーの風習。

サーファーは昔から、海に入れば近くのサーファーと挨拶をかわす風習がある。

もちろん見ず知らずの人にでもです。

特にこういうローカル・オンリーのポイントに入るときはなおさらです。

 

きちんと挨拶すれば、相手も返してくれる。

こちらも気持ちよく海に入れる。

おまけに、色んな情報を教えてくれたりする。

「エントリーするときは上流の階段からした方が滑りにくくて良いよ」

「右岸よりにはめっちゃきついカレントがあるから、波が良さそうでもいかん方がええよ」

「潮が引いたら、沖のあの辺りの波が割れだす・・・」

こんなありがたい話をしてくれる。

普段、このシークレット・ポイントを維持してくれているのは、間違いなく彼等なのだから・・・

 

こちらが挨拶しないと、冷たい視線を投げかけられたり、ライディングが同時に重なったら容赦なく追い込まれたりする。

なんだか後ろめたい感じで海に入ることになります。

何も良いことは無いんです。

ツイートした言葉

先日tweetした言葉です。

「出会い頭の相手、睨みつけるとに睨み返される。

頭をたれると、頭を下げてくださる」

・・・・・そういうものだ。

 

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*