学ぶことに意味はない。行動を起こしてこそ未来は開ける。

公開日: SNS, VMD ,


VMDコンサルタントの藤井雅範です。

 

大阪モード学園

今日は半年に一度の大阪モード学園での講義でした。

モード学園で講義中。学生に聞いてみた。

SNS(ラインは除く)をやっている人→全員。

そのうちツイッター、Instagramがそれぞれ90%。フェイスブックは50% という結果。

学生たちにとってはinstagramやツイッターがインフラになっているようです。

 

授業ではSNSにおけるVMD誘導の話をしました。

授業中もスマホ出してスライド撮影してOKにしたのですが、学生たちはそんな授業に慣れていない様子で遠慮がちに撮っていたみたい(笑)

でも楽しくマジメな学生たちが熱心に聴いてくれて良いムードだったと思います。

どんな行動を起こすのか?

ボクの講義の内容が、たとえどんなに立派な内容であったとしても、どんなに学びがあるとしても、学生たちが行動に移さなければ意味がない。

だからただ講義を聴いているだけではダメなのです。

なんかやれそう!面白そう!できるかな?そう思ったらまずやってみることです。

 

大丈夫、失敗しても大したことない。

そんなことだ気にする人もいません。

はっきり言ってまだまだ君たちには影響力がないのだから(ゴメンネ言い切って)

 

でもね、影響力を身につけることは出来ます。

誰かのことを思って、誰かに喜んでもらう、誰かを笑顔にする投稿をSNSにアップする。

それを継続し続けること。

そうすることで誰でも影響力を持てるんです。

 

だからすぐに始めましょう。

社会に出てから、仕事をはじめてからでは遅い!!

その時点から始めるのと、今スグ始めるのとではスタートラインが大きく離れているのです!

今はそんな良い時代、なのですね・・・

 

わずか1ヶ月で1000人のフォロワーを増やした???

『半年前の講義を聴いた学生が、instagramのフォロワーをわずか1ヶ月で1000人増やした』という報告を聞きました。

その後、学生のうちに自らブランドを立ち上げる、その礎になったそうです。

 

別の学生はこんな事をinstagramにアップしてくれてた。

学生の頃、当時の講師に薦められた

“風の歌を聴け”という本を読んでみた。

学生の時は、はいはいって感じで流してたけど、

今読むと、“表現”についてとても考えさせられた。

メモっててよかった、マジで。

同じこと言ってるようでも伝わり方がまるで違う。

とても気に入った。

何気ない講師の一言を、

もっとメモってればよかったよ・・・

そう書いてくれていました。

 

また、こんな手紙をくれた学生もいます。

『将来への不安が期待に変わる瞬間を感じることが出来た授業でした。』

 

いずれも『講師やっていて良かった!』

そう思えた瞬間でした。

嬉しいなぁ。

 

行動を起こしてこそ未来は開ける。そしてそれは一台のスマホから、誰でも簡単に起こせることなのです!

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑