業界内だけで伝わるようではダメ!。『伝わるように伝える』ということ・・・


先日お話させていただいたファッションワールド東京でのVMDセミナー。

ボクの講演を聞いていただいた方が、感想をブログに書いてくださいました。

ありがとうございます!

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%88%e3%82%992016%e7%a7%8b%e3%80%80%e5%85%a8%e6%99%af

 

ファッション関連の皆さんのブログ

珈琲豆と器とお洋服の、小さな小さなセレクトショップ、『Riyon』の店長、みわさんのブログ

Riyonのうつわ畑

元『新宿マルイメンズ館ニコルクラブフォーメン』店長の齋藤くんのブログ

元ニコル (自営業準備中)現在無職!笑  齋藤のつぶやきブログ 

愛知県小牧市のセレクトショップ『TOMTE』のオーナー、松永友子さんのブログ

ひよこ店長のつぶやきブログ 

ファッション以外のお仕事の皆さんのブログ

クリーニング『iseya』の社長、尾上昇さんのブログ

クリーニング屋シミ抜き修復師 尾上昇ブログ

有限会社紫電改 代表、WEBマーケッター金川 豊 さんのブログ

紫電改・金川豊 WEBマーケティングブログ

そのほかにも沢山の方にブログに取り上げていただきました。

本当に感謝です。

fullsizerender 

ファッション業界の方が対象のセミナーではあったのですが、直接は関わりない業種の方に、ボクのお話しがどんな風に聞こえてきたのだろう?コレはとっても気になるところでした。

「果たして通じるのだろうか?」

「チンプンカンプンにしか聞こえないのでは?」

「難しい言葉を使ってしまってはいないか???」

そういったことです。

 

アパレル業界以外の方にも伝わるように・・・

WEBマーケッターの金川さんはこんなふうに書いてくださっています。

『お客さんに来てもらうためにできることは、まだまだたくさんある。そしてお客さんに伝えるべきことで、まだできていないことも、まだまだあるはず。自分たちの業界が遅れているとか、景気は悪くなる一方だとか、そういうことは目の前にたくさんあるやるべき事をやり切ってから言おう。マイナスなことを言う前に今できることをやり切ろう。グチを言うのはそれからだ。』

正直ボクは参りました。

今だから言いますけど、アパレルのイベントでされる講演なので、それっぽい?お話をされるのかな?とちょっとだけ無意識に思ってたかもしれない。すみません。

でもね、全然違いました。
話された内容は、全くもってアパレルに限ったことじゃないでしょう。
どんな仕事のも当てはまることだし、もっと言えばボク自身にもそのまま当てはまることだから。

実はアパレル業界の中だけでも通じない言葉はたくさんあります。

なのにそれを使ってしまいがちなのが現状。

こうして、直接業界とは関係のない方に共感していただけることはとっても嬉しい。

さらにもっともっと『伝わりやすい伝え方』を勉強していきたいな、そう思いました。

そうしていくことが、ファッションだけではなく広く小売ビジネスに貢献できることになると。

金川さん、気づきのあるブログ、ほんとにありがとうございました!

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑