決定的な出会い。その1

公開日: VMD ,


ボクが今の仕事を続けようと思ったきっかけに、決定的な二人との出会いがありました。

その一人は、ワールドというアパレルメーカー時代の上司です。

当時、会社のなかで一番大きな売上を担うブランドを中心に、沢山のブランド事業の責任者である常務取締役の方でした。

アパレルメーカーの仕事は展示会で受注を受けることではない!

ボクが入社してからの10年ほどは、会社は卸事業中心のビジネスでした。

メーカーとして商品を企画・生産し展示会を開催。

展示会で受注された商品を小売業の専門店さんに卸す。

専門店さんが最終消費者に販売するという流れです。

ですので、ビジネスとしての要は“展示会でいかに受注を取っていただくか?”ということになる。

そのためにまず商品力を強める(良い商品を作る)ことが一番。

普通はそう考えますよね?

 

でもその上司の考えはそれだけではなかった。

専門店さんが順調に維持発展できるように、最終消費者に向けて商品の価値を高く伝えよう、そこに貢献しよう、そんな志を持っていたのです。

だからVMDや販促や販売教育の専門家チームを結成し、その専門店のサポートを行うことに注力していたのですね。

おかげで、全国の専門店様の店頭で数々の実践をさせていただくことができた。

取引先の店頭という緊張感のある環境で、一流の表現を追求することに邁進できたのです。

一流の小売業であるために

商品やブランドやお店の価値を最終消費者に伝えることを専門家たちがサポートする。

⇒それにより取引先専門店さんが発展する。

⇒結果として、展示会において沢山受注され、アパレルメーカーも利益が生み出される。

こういうことを推進されていました。

だからボクに、直接的にも間接的にも聞こえてくる話は、一流の小売業であるためのお話しばかり。

アパレルメーカーといえば本来モノづくりの会社。

なのに、商品が良いのは当たり前、如何に売るか?を考えさせられるクセを付けていただきました。

今思えば、とても本質的なことをついていたなぁと、そう思います。

 

後に会社が、SPAという、自らが小売を行う業態へ変換するタイミングでその上司も退職。

本格的に小売業中心で行っていくのに、一流の小売業を説いていた人間が不在になる。

そんな皮肉な運命をたどります。

ボクに届いた一通の手紙

{"total_effects_actions":0,"total_draw_time":0,"layers_used":0,"effects_tried":0,"total_draw_actions":0,"total_editor_actions":{"border":0,"frame":0,"mask":0,"lensflare":0,"clipart":0,"square_fit":0,"text":0,"shape_mask":0,"callout":0},"effects_applied":0,"uid":"E8FACD3D-3324-4581-91F8-85919365687E_1461228782900","width":3264,"photos_added":0,"total_effects_time":0,"tools_used":{"tilt_shift":2,"resize":0,"adjust":0,"curves":0,"motion":0,"perspective":0,"clone":0,"crop":0,"flip_rotate":0,"selection":0,"enhance":0,"free_crop":0,"shape_crop":0,"stretch":0},"origin":"gallery","height":2448,"total_editor_time":2375,"brushes_used":0}

退職されるタイミングで、その上司からボク達に手紙が届きました。

その一部を抜粋します。

『思いますれば我々仲間たちは、商品力を強めねばならぬことは言うまでもありませんが、しかしその一方で商品を売る側が順調に維持発展するために少しでも貢献できればと、胸踊らせ心を一つにして日々満身し時を刻むことが出来ました・・・』

『人生は劇です。演出家も主役も自分自身であると痛感いたしております。忘却は人の特質。燃え立つばかりの決意も月日とともに薄らぎ日常の中に埋没してしまいます。本当の人間の大切な物とは生涯の決意であると思っております・・・』

 

こんな上司との出会いが、今のボクの原点であると思います。

だから自分の仕事にもとても誇りを持てたし、本質的なビジネスを身を持って感じ取ることが出来るようになったと、感謝しています。

 

そしてもう一人、今のボクを決定づける出会いがありました。

その出会いについては、また書いてみることにしますね。

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑