お客様が喜んでセットで購入していただける方法とは?

公開日: VMD, マーケティング, 雑貨

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

 

あらかじめ複数点数の商品をセットにしておくことで、お客様に喜ばれて客単価の向上にも繋げることができます。

逐一選択する手間が省ける。

専門家であるお店側でセット(コーディネート)しておいてくれている安心感。

セットでの価格表示があればトータルの費用も明確に伝わる・・・

あなたのお店ではどんなセットが考えられますか?

例えばお薬やさん。

複数種類用いることで、より高い効果の出るサプリメントを、あらかじめセットしておく。

5日間服用することで、より効果が期待できる栄養ドリンクを、あらかじめ5本セットにしておく。

例えばオーガニックなフスキンケア用品のお店。

フェイスウォッシュ、ローション、クリームをシリーズで使用することで、より効果が期待できるフェイスケア用品を、あらかじめ3点セットにしておく。

例えば、ファッション雑貨のお店。

母の日のギフトコーナーに、UVケア効果の高い帽子やサングラスや日傘をコーディネートしておく。『大好きなお母さんに、いつまでもキレイなお肌でいてもらいましょう』というPOPを添えて。

クリスマスギフトのイメージ

クリスマスギフトの一例

 

お客様にとってのメリットが伝わりやすくなる

専門的な商品やギフトのための商品は、最適な選択を考えるのが面倒だったり、コーディネートするのが面倒だったりする。

これは人間の心理です。

だからこのように、専門的に見てお勧めできる内容をあらかじめセットしておくこと。

そしてそれを使うことで得られる効果が伝わりやすいPOPを添えましょう。

そうすることであなたのお店や商品の価値が高く伝わります。

お客様にとって、よりメリットが感じられるお買い物ができるということ。

まとめ

あらかじめセットを組むことでお客様に喜ばれる。

そしてセット率や客単価の向上も期待できる。

POPをうまく使えば、今まで買う気がなかったものが自分にとって必要なものに感じていただくことができる。

だから購買率の向上まで期待できる。

 

・・・・・そういうことです。

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑