『いけばな』から気付くディスプレイのヒント

公開日: VMD, VP ,

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

 

昨日はお花のレッスンでした。

お題目はお正月に向けた“若松”というもの。

お正月に床の間などに飾る、松を使ったのいけばなです。

 

いけばなでの気づき

このいけばなのポイントを見て、お洋服のディスプレイとの共通点を感じました。

 

今回は7本の松の枝で構成されています。

寸胴(器)から立ち上がる枝のラインは7本とも同じ。

全て正面から見てやや左に立ち上がります。

そこから左に二本反り返る(“用”と呼ばれています)

右に二本反り返る(“留”と呼ばれています)

緩やかな右への弧を描きながらやや左にそれたもの(“体の前添”と呼ばれています)

緩やかな右への弧を描きながら中央に高く伸びるもの(“体”と呼ばれています)

緩やかな右への弧を描きながらやや右にそれたもの(“体の裏添”と呼ばれています)

このように同じラインから立ち上がり、それぞれ別れて伸びてゆきます。

 

前添、体、裏添

ボクが特に興味深かったのが『体』の三本です。

すなわち“体”“体の前添”“体の裏添”のこと。

一番手前が“体の前添”、次が“体”、一番奥が“体の裏添”という位置関係です。

一見ほぼ中央に同じラインを描いているように見えます。

それが微妙にずれを生じている、その粋なムードに惹かれました。

重なり合いながらも微妙にずれている。

隠れながらもチラチラ覗いている感じです。

この雰囲気がなんとも言えず良い。

 

洋服のディスプレイでも?

コレに近い構成は、お洋服のディスプレイでも行われています。

何かモノを展示する時に、バラバラと見せるのではなく、重なりながらチラチラ見せる。

この方が一体感が出るし、その違いに目が生きやすいから。

バラバラと展示するとそれぞれは全体が見えるのですが、色気がないのです。

見て見て!という感じが強く出てしまう。

それよりもチラッと見せるほうが、逆に人目を惹くこともある。

そんなことを思い出させてくれました。

 

今年の締めくくりのいけばな。

またまたアフターの懇親会が楽しい。

来年も楽しみだなぁ。

 

・・・・・そういうことです。

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

Comment

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑