これだけはお伝えしたい!『今からのビジネスに大切なこと』


VMDコンサルタントの藤井雅範です。

 

いまさらですが、人口が減っています。

総務省によると、2014年10月1日現在の日本の人口は、前年に較べ21万5000人減り、1億2708万3000人となったそうです。(読売新聞4月18日朝刊より)

これで、4年連続の人口減。

特に15才から64才、“生産年齢人口”と呼ばれる年代は116万人と大きく減っています。

“生産年齢人口”=一番お金を稼いで、一番お金を使う年代、ということですね。

浮き彫りになる“少子高齢化”

ある意味、数年前から予想されていた通りの人口推移を確実にたどっている。

“少子高齢化”がますます浮き彫りになった、ということ。

さて、ビジネスではどんなことが考えられるのでしょう?

人口が減っているのに対して、モノを買う“買い場”は増え続けています。

大型商業施設はまだまだ開発され、実店舗以外の通販、特にスマホによるネット販売は大きく伸びて来ています。

さらに我々が受け取る情報は莫大になっています。

買うものの選択肢が多すぎて、選ぶのに大変な時代になって来ている。

 

では選んでいただく為にどうすれば良いのでしょう?

えっ、より買ってもらいやすいように、価格を安くする?

それでみんな幸せになるんでしょうか?

安売り合戦が始まれば、誰かがどこかで必ず泣く。

一部の人が利益を握るだけ。

世の中はますます疲弊していく・・・

“安いから買う”ではなく“あなたから買いたい”

一番大事なこと、それは、安いから買う、ではなく、あなたから買いたい、と思っていただくことです。

今は、ソーシャルメディアが少しづつインフラ化し始めています。

マスメディア(一方通行)の情報発信からソーシャルメディア(双方向)の情報発信へと変化して来ている。

これはある意味原理原則に帰る、ということです。

マスメディアに踊らされて進んだ消費、この幻想にみんな気づきはじめている。

ソーシャルメディアによる消費は、コミュニケーションが不可欠です。

そこで有効なのが、『あなたから買いたい』と思っていただくこと!

 

企業の売り込み臭さや、やらせや偽装は嫌われます。

すぐにバレる。

企業ではなく、会社でもなく、ブランドでもない。

『あなた』という“個”をだす。

そうするとコミュニケーションは生まれやすくなります。

そのうえで、きちんと価値を伝えること。

その価値を受け取ることで行なわれる消費。

これが本来の価値の交換。

あるべき姿。

『真理』ということ。

1920年代のドラッグストア

1920年代のドラッグストア

まとめ

少子高齢化が進むことで、ビジネスはある意味『真理』に向かいつつある。

これからの未来に悲観することなく、ボクたちが出来ることを誰かの為に全うする。

その先はきっと明るいはず・・・

人口減を逆手に取ろう!

 

・・・・・そういうことです。

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

Comment

  1. あおきゆき より:

    藤井様

    素敵なお話しをありがとうございます!
    そうですね、、、
    「あなたから買いたい」とお客様に言っていただけるよう、自分を磨きつつ販売員の仕事を楽しみつつ、お客様の為に出来ることを増やしていきたいです。
    お客様にお買い物を心から楽しんでいただけたら、販売員として最高に嬉しいです。

    青木由紀

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑