タンスに仕舞われにくいアイテムって、なんですか?

公開日: ファッション ,


今の季節に洋服を整理するときは、基本的に冬物と夏物を入れ替えます。

そして春物はモジモジと居心地悪そうにしている。

「まだ着る機会はあるよ!」

「いやもう暑いよ!」

「でも羽織るには丁度よいかもね!」

持ち主の気まぐれに翻弄されながら、仕舞われるのか?まだ活躍するのか?そのどちらかの運命をたどるのです。

季節を問わずに活躍する素材とは?

でもいつの季節にも仕舞われずに常にスタンバイしているアイテムもいくつかあります。

代表的な素材はデニム。

デニムのパンツはもとより、デニムのジャケット(Gジャン)も仕舞われづらいアイテムだと思います。

 

いまクローゼットを見ても、実に6着のデニムジャケットがありました。

そのうちの3つはたまたまリーバイスのもの。

ちょっと比較してみました。

2つはヴィンテージのレプリカ(復刻モデル)として購入。

一つは限定のコラボアイテムとして購入したものです。

ヴィンテージの古いアイテム順に左から並べてみました。

{"total_effects_actions":0,"total_draw_time":0,"layers_used":0,"effects_tried":0,"total_draw_actions":0,"total_editor_actions":{"border":0,"frame":0,"mask":0,"lensflare":0,"clipart":0,"square_fit":0,"text":0,"shape_mask":0,"callout":0},"effects_applied":0,"uid":"E8FACD3D-3324-4581-91F8-85919365687E_1462603733761","width":3263,"photos_added":0,"total_effects_time":0,"tools_used":{"tilt_shift":1,"resize":0,"adjust":0,"curves":0,"motion":0,"perspective":0,"clone":0,"crop":1,"flip_rotate":0,"selection":0,"enhance":0,"free_crop":0,"shape_crop":0,"stretch":0},"origin":"gallery","height":1665,"total_editor_time":33100,"brushes_used":0}

リーバイスの3枚のジャケットを比較

一番左は「ファースト」と呼ばれていたモデル。

いわば世界で初めてのデニム素材のジャケットと言ってよいでしょう。

真ん中は「大戦モデル」と呼ばれていたモデル。

第二次世界大戦中だったので、「ファースト」モデルから胸のポケットのフラップが省かれたり、ボタンがドーナッツ状にくりぬかれたりしています。

戦争中なので、物資を削減して作っていたのですよね。

 

そして面白いのは、本当はフロントのボタンが4つだったということ。

なのにレプリカでは5つになっています。

コレはリーバイスのジャパン社の企画品なので敢えてそうしたのか?

(ボタンが多いことでシルエットや収まりが良くなる??)

ソックリに再現することを許されなかったのか?

謎が残る部分です・・・

 

一番右のジャケットはフォース(70505)と呼ばれるモデル。

コレはロイヤルオーダーというハリウッドのジュエリーブランドとのコラボ商品で、胸ポケットのボタンはシルバー製。

本来は全てのボタンが真鍮色なのですが、コレは胸のシルバーに合わせて、全てのボタンをシルバー色に変更した模様です。

『LEVI’S』から『Levi’s』へ

また胸ポケット脇のタブの違いも。

左2つはビッグE仕様、右はスモールe仕様です。

これはリーバイス社のロゴが、1971年に『LEVI’S』から『Levi’s』へと変更されたのに伴う変更だそう。

なのでビッグEが付いている物は1970年以前、スモールeが付いているものは1971年以降に製造された可能性が高い、といえそうです。

ビッグEのついたファーストモデル

ビッグEのついたファーストモデル

スモールeのついた70505モデル

スモールeのついた70505

3つのジャケとを見比べるとよく分かることがあります。

左の2つは丈が短く、ボタン数も少ない、ワークウエアとしてのデザイン。

右の70505は丈も長く、ボタン数も多く、タウン用のジャケットとしてのデザインに変化してきている、ということですね。

 

インナーにセーターやスウェットを着ると寒い季節にも活躍し、Tシャツの上に羽織れば春夏秋と活躍する。

『Gジャン』まさにタンスに仕舞われにくいアイテム=使えるアイテム、と言えそうですね。

 

今日のブログ、VMDとは関係なく、つれづれなるままにつづってみました。

たまには良いですよね?

 

・・・・・そういうことです!(笑)

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑