ショーウインドウ初体験!

公開日: VMD, VP , , ,

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

いつもボクのブログを覗いてくださり、ありがとうございます!

ボクがVMDの仕事を始めた頃の話を、少し書いてみます。

あっ、ちょっと長くなるので、時間のない方は飛ばしてもらって良いですよ!

会社に入ったばかりの頃、1985年お話です。

ボクは神戸にある大きなアパレルメーカーに入社しました。

その頃の仕事は、その会社の商品を受注してくださって、そのブランドのオンリーショップ(100パーセントそのブランドの商品だけで展開している)としてショップを運営していただいている取引先のお店様に対して、販売促進面のサポートをすることでした。

VP,IP,PPの実施がメインで、その他にイヴェントやファッションショーの支援といったことがお仕事。(VP,IP,PPって何?という方、PCなら右側サイドバー、スマホならブログ本文の終了後の更に下にある“VMD基本用語説明”をご確認くださいね!)

初めての出張のときの話です。

四国は高松にある、大人の女性向きのお店、同行した先輩の一人が立派なショーウインドウをディスプレイする。そのサポートや掃除、店内のディスプレイを行う他の先輩に言われて備品の買い物、什器や棚の移動など、慣れない仕事でちょっと疲れていました。

先輩はとっても時間をかけてウインドウを仕上げている様子。

何度もウインドウの扉を開け、靴を履いて外に出て、タバコを吸いながら、少し首をかしげながら、そして少し頬を含まらせながら、自分がディスプレイしたショーウインドウをチェックしている。

深夜になってようやく完成しました。

先輩がディスプレイしているときはとっても疑問でした。

何故、こんなディスプレイにこんなに時間をかけて、こだわって作っているんだろう?

しかし、ボクも外に出て出来上がったウインドウを見た時、その疑問はみるみる解けてゆきました。

当時のファッション業界。

ブームはDCブランド。

DCブランドを扱うお店は、まるで美術館の様な商品の展示の仕方が主流。

空間の広い壁面に一点だけ掛けてあるだけ、

大きなステージに、スタイリングが広げて置かれているだけ、

などなど、極めてミニマムな展示方法が主流でした。

かたや、当時僕たちが扱っていた婦人服ブランド。

こちらは、旧態然とした展示方法のままです。

マネキンを使っているのは良い方で、トルソー、中にはひたすらトンボハンガー(高さが調節できるスタンド。それにセーターなどを引っ掛けて持ち上げ、そでを少し開いてみせる)ばかりを使用している様な店も存在した。

そんな時代・・・

その日、先輩が仕上げたディスプレイ。

深いブルーのリネンのジャケットが3着、天井から吊られたパイプにハンギングされている。

全て深いブルー、組んでいるインナーも深いブルー、腰にあしらったベルトも深いブルー、胸にあしらったブローチも深いブルー・・・

とってもクールでした。

それはまるで新たなDCブランドの様に見えた・・・

写真はイメージです。

写真はイメージです。

DCブランドと違うのは、ミニマムすぎない点。

一点一点の服のシルエットが、とってもきれいに出ている。

腕を曲げた時に出るシワも、リネンらしいとっても張りのあるシワが表現されている。

ボトム(スカートやパンツ)は組まずにトップスのみ3着飾っているのに、手首が装着されています。

その手首の表情を見ていると、三人の女性がおしゃべりしている様なシーンに見えてきます。

そして、ウインドウのガラス面にはポスターカラーでシンプルに「NAVY BLUE」と書かれています。

もちろんポスターカラーの色も「NAVY BLUE」

DCのミニマムさを程よく取り入れ、大人の女性にも受け入れられる表現まで高めていった様な感じ・・・

とってもクールでテクニカルなウインドウでした。

あっいいな、ボクもこんな表現が出来るようになりたいなっ、て思いました。

その時ボクには目標が出来ました。

いつかこれと同じ、いやこれを超えるディスプレイをしたい、と・・・

まっ、それから色んなことがありました。

ホントに色んなことが・・・

でもあの日見たディスプレイはいまだに忘れられません。

この道を進む上での原体験と言えますね・・・・・

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑