ファッション業界は疲弊なんてしていない!

会場はオシャレな方でいっぱい

セミナーに集まってくれた大好きな仲間たち!

セミナーに集まってくれた大好きな仲間たち!

今日はファッションワールド東京でセミナーを行いました。

場所は東京ビッグサイトです。

日本だけでなく海外からも新しい商品との出会いを求めて、バイヤーたちがやってくる日本最大の展示会です。

会場にいらっしゃる方を拝見して改めて思いました。

『みんな、めっちゃオシャレやん・・・』

 

ファッションワールドという場だから当たり前なのかもしれませんが、改めてそう思いましたね。

それなのに、聞こえてくるニュースは暗い話題が多い。

ブランド閉鎖、スタッフ人員削減、事業の終了、閉店、ファッション業界は疲弊している・・・

さて、本当にそうなんでしょうか?

どこを見ているの?誰を見ているの?

ファッションワールド東京の会場ではもちろんですが、街を歩いていてもオシャレな人はたくさんいます。

東京だけでなく、地方に行っても確実にいらっしゃる。

みんなどこかでお洋服を買っているし、お洒落になりたいと思っている。

なのに、業界・企業が苦しんでいるというのはどういうことなのか?

ボクはファッションの価値を伝えきれていないからだと思います。

お洒落になりたいファッションを楽しみたい、そんなお客様を見ずに競合他社を見ているんじゃないの???

だから安くしなくちゃ売れない、うちのお店は立地が悪いから売れない、そんな言い訳のオンパレードになってしまっているのではないでしょうか?

 

たしかに価格が安くて、お店の立地が良ければ売上はたくさん取れるでしょう。

でもそれは大資本の企業だから出来ること。

それをおんなじように真似して、安いものをできるだけ良い立地で売ろうとするから疲弊してしまうんです。

誰もしあわせにならない・・・

大資本の会社でさえ、利益が取れにくくなっているというのにね。

独自の価値を磨きましょう!

あなたの会社やブランドには独自の価値が有るのです。

それを磨いて発信することです。

伝わるように伝えてみる。

同業他社を見るのではなく、お客さんと自分自身をみつめる。

お客さんに提案できるモノを自分の得意なモノ好きなモノでやってみるということ。

それが一番あなたのお店やブランドらしくて、一番価値が有るのです。

見るものを変えてみましょう。

 

『お客さんはオシャレしたくないわけではない。企業側が伝えきれていないのだ。』

ファッションワールドでのセミナーを終えて、改めて思ったことは、そういうことです。

 

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

Comment

  1. […] そしてマットさんのブログを見て思ったことは、やっぱりファッション業界は疲弊していないということ。疲弊しているのは右向け右で無個性な販売方法が疲弊しているだけ。そう思う […]

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑