さて、優位立地と価格競争の結末は?


先日、行われたセミナー。

勝村大輔さん主宰のマーケティングの勉強会、“フロリダ族”のセミナーに参加しました。

その日の最終講演者である、坪井秀樹さんの講演を聞いて改めて感じたことがあります。

フロリダ

坪井さんに呼ばれて、何故かボクもステージへ(笑)Photo by かっちゃん

優位立地と価格競争の結末は、資本力で決まってしまう・・・

坪井さんの講演ではこのように表現されていました。

『安い方で買う、近い方で買う、大きい方で買う、選べる方で買う⇒資本の大きい方が有利』だから独自の価値を磨いて発信しよう、ということ。そうすることで、大きな資本の店舗と不毛な価格競争をする必要もなくなる。

コレには激しく共感しました。

そして改めて感じたことがあります。

それは、『入りやすい店』から『入りたたくなるお店が大切だってこと』

『入りやすい店』

開口部が広く、導線も広い。

入り口が解りやすく、出口もわかりやすい。

この場合、商品は独自性がなくても良い(どこにでもあるもので良い)。

ただし圧倒的に価格優位性があったほうがよく、お店の立地も利便性の優れたところが望ましい。

『入りたくなる店』

何かありそう!ワクワクする!

でも何が売ってるんだろう?店の中はどうなっているんだろう?

この場合、独自性のある商材が望ましいく、お店の立地の優先順位は高くなくても良い。クチコミされたりシェアされることが大切。

資本力に頼らない方法とは?

『入りたい店』と『入りたくなる店』、これらはどちらかが正しいということではありません。

どんなお店もその双方を併せ持っています。

どんな経営を行いたいのか?という観点から、どちらにどれだけウエイトを掛けるか?その最適なバランスを設定すればよいのです。

そのバランスを守って、商品構成、VMD、販促を組み立ててゆくということ。

ただ傾向とすれば、圧倒的に『入りやすい店』の投資のハードルは高くなり、『入りたくなる店』を構築するチャンス、環境は整ってきているということです。

資本力に頼らない方法としては、『入りたくなる店』にウエイトを多めに置いたほうが良い、ということですね。

そして、『入りたくなる店』を作るには、あなたの“好き”と誰かの“役立つこと”を結びつける事柄がヒントになるかもしれません。

加えてSNSの活用もね。

 

坪井さんのセミナーは、相変わらず熱~いセミナーでした。

そして、参加者に対してモーレツに行動を促す。

とても刺激的な空気感!

 

・・・・・そういうことです。

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑