ショールーミングを薦めるお店?


VMDコンサルタントの藤井雅範です。

いつもブログを読んでくれるあなたに感謝です!

 

代官山を歩く

先日、代官山を散策して発見したこと、紹介しますね。

大好きなハリウッド・ランチマーケット。

入り口では、廃材の金属を使った、動物アートがお出迎え。

ハリランの入り口に、よく似合っています!

ハリランの入り口によく似合う「廃材の金属による動物アート」

ハリランの入り口によく似合う「廃材の金属による動物アート」

IMG_2265

 

 

こちらはGANT RUGGERの期間限定ショップ。

GANT RUGGERはその昔、ブルックス・ブラザースのボタンダウンを作ることからスタートしたらしい・・・

GANT RUGGERはその昔、世界で初めてボタンダウンシャツを考案した。シャツ工場としてブルックス・ブラザースなどへ納品することからスタートしたらしい・・・

 

期間限定ショップは2フロアの展開

期間限定ショップは2フロアの展開

ここではショールーミングを推奨しています。

ほとんど全ての商品にバーコードがついている。

バーコードをスマホで読み取るとwebサイトへ

バーコードをスマホで読み取るとwebサイトへ

素敵なスタッフが、商品知識はもちろん、ブランドのヒストリーを分かりやすく説明してくれる。

商品が気に入れば、サイズ感や素材感を確認して、バーコードを読み取る。

すると、ブランドのwabサイトに飛びお買い物を楽しめます。

もちろん、ここにある商品はそのままお店でお買い物をすることも出来ますよ。

お客様にとって都合が良いのは、どちらの方法選べるってこと。

すぐに着たい人は持ち帰れば良いし、荷物を持ちたくない、このあと立寄先が多いなどの理由がある人はwebで購入。

そのときの状況で自由に選べるって言うのが良いですね!

こういったお店、今後も増えてくるんじゃないでしょうか?

自分の売上、自店の売上という基準ではなく、お客様の利便性を最優先する。

あたりまえのことなんですが、出来ていないこともありますよね・・・

 

・・・そういうことです。

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑