『カクチョウタカイパフォーマンス』

その昔、具体美術協会というアート集団があった。

『人の真似をするな!誰もやらないことをやれ!』というモットーのもと、沢山のアーティストが実に前衛的、実験的な作品を作り出しました。

今から40年以上前のお話です。

堀尾貞治さんの『カクチョウタカイパフォーマンス』

かつてその具体美術協会に所属し、現在も尚、精力的に作家活動を続けていらっしゃる方がいます。堀尾貞治さん。

先日、その堀尾さんのパフォーマンスを鑑賞してきました。

タイトルは「カクチョウタカイパフォーマンス」

今回は、わずか30分でなんと300枚のトートバッグに絵を入れるというパフォーマンスです!
30分間休むことなく動き続けて作品を描きます。
豊かなアイディアと止まることのない動き、躍動、空気感の高揚。

見守る観衆は時間を経るごとに増えてゆき、人々の目は釘付けになる。

それは堀尾さんの動きが予測ができないからです。

ペイントのブラシで描いたと思えば、ヘラで絵の具をこすりつける。ウニウニのモヤッとボールに絵の具をつけたかと思えば、トートバッグにそれを押し付けて描く。トートバッグを掴んだかと思えば、パレットの上に押し付ける。ついにはブラシをまるでドラムのバチのように使ってリズミカルにトートバッグに叩きつける。

そう、堀尾さんのパフォーマンスは“動”なんです。

完成された作品も、当然躍動感あふれるものとなっている。

その源泉は、堀尾さんの肉体そのものからほとばしる“躍動”なんでしょう。
とても76歳とは思えない・・・

パフォーマンス中の堀尾貞治さん

パフォーマンス中の堀尾貞治さん


アートは、作品そのものだけではなく、その過程にも価値がありますね。

そしてそれはその場でしか味わえないもの。

リアルでしか体験できない価値なんです!

 

これはお店でも同じこと。

『リアル店舗の価値』を提供し続けましょう。

ワザワザお店に来ていただけるだけの理由、これを発信することですよね!

IMG_2664

ボクが入手した三枚のバッグ。どの柄がお好みですか?


 

 

過去にも具体美術協会や堀尾貞治さんについた記事があります。

もし興味がある方は、こちらからどうぞ↓

『安心して下さい。描いてますから・・・』

 
・・・・・そういうことです。 
 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑