今の時代を知る。VMDの定義を見直す。シナリオを描く。|VMDセミナーin東京

公開日: VMD


こんにちは!

藤井雅範です。

 

小売市場の中ではEC化率が加速している。

ファッション業界では売上が低迷している。そういった中でもECの売上は伸びている。

つまりファッション業界ではリアル店舗の売上が落ち続けています。

 

日本の人口は減少に入りました。

黙っていてもお店の前を通る人の数が増えることはありえないのです。

一時的なインバウンドの方を除けばね。

 

さらにはファッションの購入形態も進化しています。

ECはもちろんですが、それ以外の購入も増えているのです。

 

サブスクリプション化

たとえば『メチャカリ』

ストライプインターナショナルさんの定額レンタルサービスです。

毎月5800円で新品のお洋服が3枚まで借りることが出来る。3枚の中でなら何回でも借り換え可能。返却時のクリーニングも不要

 

例えば『エアークローゼット』

毎月プロのスタイリストさんがお洋服を選んでくれます。『メチャカリ』と同じく定額制。月一回3着までなら6800円。特徴は個人個人の好みに合わせてプロのスタイリストが選んでくれる点。もちろん返却時のクリーニングは不要

 

CtoC

『メルカリ』や『ヤフーオークション』といった、消費者同志が直接取り引きすることをCtoC(カスタマー・トゥ・カスタマー)といいます。

これも人気ですよね。

 

このようなサービスは拡充し続けています。

つまりリアル店舗以外での購買がますます増えていくということ。

なんだか八方塞がりのように感じるかもしれません。

『変化・変革』を楽しむ

でもね、こんな時代だからこそ本質が問われる時代。

『変化・変革』を楽しんで売上を伸ばしているお店があります。

キーはSNS活用。
あなたが好きなモノやコトをお客さまの役立つ情報・喜ぶ情報へとつなげる。

こんなコミュニティが可能な時代になりました。

あなたが好きなこと得意なことを発信してお客様が笑顔になる。

これってビジネスの本質的なことですよね。

VMDを広く捉える

先日のブログでも書きましたが、VMDの定義を変えました。↓

VMDの定義を見直す時期に来ている

VMDを狭義で捉えないこと。

SNS発信から店頭表現、お客様にシェアされるまでを一体と捉えることで売上につながるのです。

 

シナリオを描こう

そのためにはシナリオが大切。

『誰に?』『何を伝えて?』『お客様にどう行動してほしいのか?』『そのための具体策は?』
こういったことを深く考えることです。

 

4/26VMDセミナーin東京

今の時代を知り、VMDの定義を見直し、具体的なアクションを練るためのシナリオを描く。

その一連の流れが学べるセミナーを行います。

4/26 VMDセミナーin東京】

日時:
2018
426日(木)
時間:
セミナー/18時~21
懇親会/21時~23時 (セミナーだけ、懇親会だけ、の参加は出来ません)

場所:
野菜が美味しいLONGING HOUSE 神宮前・原宿店

https://www.longinghouse.com/no.2/jingu/

東京都渋谷区神宮前4-22-9     

参加費:(消費税含)
・セミナー&懇親会:15,000

お申込みフォーム

 

皆さんとお会いできる日を楽しみにしていますね!

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP