『ファッションワールド東京』VMDセミナーを終えて改めて感じたこと。お客様にもっとお買い物を楽しんでいただく為には・・・


VMDコンサルタントの藤井雅範です。

今日の東京は午後から小雨模様。

桜が散らない程度の弱い雨。

そう、今日も思いましたが、東京の方が平均気温は低い(寒い)はずなのに、桜の開花は関西より早いです。

それも毎年。

どうしてなんだろう???

ファッションワールド東京 

さて、今日はお昼前から、東京ビッグサイトにてVMDセミナーを行ないました。

今日から始まる『ファッションワールド東京』における、セミナーです。

初日の午前中、平日のお昼間だというのになんと400名もの方がセミナーを聞きに来てくださいました!

本当に感謝感謝です!

九州など遠方から参加していただいた方もいらっしゃいます。

セミナー終了後に名刺交換した方の中には、ヨーロッパからの方、アジアからの方それぞれ複数名いらっしゃいました。

とっても嬉しい。

感激です。

嬉しい言葉をいただきました! 

今日、ボクに与えていただいた時間は僅か1時間。

この一時間の中で、貴重な時間を割いて参加してくださっている皆さんに、どれだけお役に立てる話が出来るのか?

それがとっても気がかりでした。

名刺交換の際に直接お話しさせていただいた方からは、『とってもわかり易かったです』という言葉をいただきました。

また、『帰って早速実践してみます』という声も。

これはスゴく嬉しいです。

一番ボクが望んでいることでもあります。

『自分ごとに置き換える』『まずやってみる』 

今日も冒頭に皆さんにお願い、ということでお話しさせていただいたこと。

それは、『今日の話をひとごとと思わず、自分ごとに置き換える』

『そして実践してみる』この二点。

そうなんです。

もし、たとえ、ボクがとっても良い話が出来たとしてもどこかで、他人事やな、とか、私とは環境が違うし、とか・・・

そう思われてしまうと何にもなりません。

『あっこれってこういうことなんだ』

『私のお店ならこんな風に使える』

と受け取ってもらえるか?受け取ってもらえないか?

これによって、もたらされる成果は全然違います。

 伝わらなければ存在しないのと同じ!

今日も話していてとっても感じたこと。

それは、『伝わっているのか?伝わっていないのか?』ということ。

どれだけ良いお話をしても『伝わらなければ存在しないのと同じ』だから・・・

 VMDの力でお客様を笑顔に出来る!

dsc02612_2

今日のセミナーで、参加された皆さんが実践に映され、その結果皆さんのお客様(最終消費者)が、ファッションを通じて新しい自分を発見・出会う。

そして笑顔になる。

そんな連鎖が広がっていくことになれば本望です。

お買い物、というのは楽しいもの。

ワクワクドキドキさせるもの。

新しい何か、と出会えるものです。

皆さん、どんどんVMDを学びましょうね。

そしてお客様の笑顔を増やしていきましょう!

皆さんなら出来ます!

今日参加していただいた皆さん、本当に皆さんとお会い出来てとっても嬉しかった!

 

・・・・・そういうことです!

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

Comment

  1. あおきゆき より:

    藤井様
    昨日の藤井様のセミナーに参加させていただきました。とっても心に残る内容で感激しました。
    私はアパレルの販売の仕事に就いて一年ほどで、普段VMDにじっくり携わる事は殆どないのですが、今日から視野を広く持てるように意識していきます。
    私も藤井様のように、お客様の笑顔を引き出せるような仕事がしたいと思いました。

    貴重なお話を本当にありがとうございました。

    • 藤井 雅範 より:

      あおきさん
      ファッションの仕事は楽しいもの。
      あおきさんが楽しんでいらっしゃる姿が、きっとお客様に伝わります。
      是非お客様の笑顔を引き出してくださいね!

  2. 島峯隆澄 より:

     最前列で聴講させていただきました。
     己のハードワークが人を幸せにしていることをこの目で確認できるスバラシい仕事なんです、チェーンストア(=流通業)の仕事というのは、、、という渥美俊一先生の言葉を思い出したのが、きょうの「陳列に一目惚れしました」のお話でした。

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑