ソーシャルリーダー・アカデミーの修了講演in沖縄

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

いつもブログを読んでくださり、ありがとうございます!

 

ソーシャルリーダー・アカデミーの修了講演in沖縄

ともに勉強を続けた13名の仲間が短時間ずつながら、講演させて頂きました。

 

ブログでユーザーにためになる情報を継続発信しつつ、フェイスブックで顧客をフォローし続けることで販売促進を実現させているテーラーのオーナー。

動画ソフトとフリー画像を使った映像で、スペックを売らずに体験だけで住宅の価値を高く伝えた作品を制作した、マーケティングディレクター。

工具への愛を感じる動画をYouTubeにアップし、200点もの作品をアップした、工具のセレクトショップオーナー。

ブログ、フェイスブック、ツイッター、ホームページといったデジタルメディアを使い分けながらアナログメディアも自在に使い分けているマーケティングコンサルタント・・・・・などなど

総勢13名の仲間の講演を聴き、とても勉強になりましたよ。

意欲的に、実直に、楽しみながら、この半年間ソーシャルメディアで実績を出して来た仲間達は、とっても尊敬できます!

IMG_0698

ボクもブログについて話しました。

“ブログでは気前良くノウハウを発信しよう!”といった内容です。

普遍的な基本知識やノウハウについては沢山の人が書いていますが、そんな事まで書くの?

といった実践的なノウハウはなかなか出会えません。

しかしそれを書き続ける事で、圧倒的に選ばれやすい存在になる、と言った事について話しました。

その後の懇親会でも、参加して頂いたメンバーからとっても嬉しい感想をいただきました!

 

どんどん増殖し、進化し続けるソーシャルメディア。

早く取り組んだ方がメリットは多い、これは間違いありません。

上手く活用すると、あなたの商品の価値を高く伝えるツールになり得ます。

ぼんやり仕事している場合ではありません。

ソーシャルメディアマーケティング、もっと勉強しなきゃ・・・・・

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

Comment

  1. 志村 幸司 より:

    沖縄のセミナーに参加しました。
    非常に分かりやいと思いました。勉強させて頂きます。

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑