お気に入りの『デニム』・・・


VMDコンサルタントの藤井雅範です。

デニム、好きですね〜。

もうずいぶん前から・・・

最初に買ったのは多分BIG JOHNのベルボトム(笑)

小学校の3年生くらいかな?

当時は身近に売ってる店がなかったから、デパートまで買いに行ったのを覚えています。

そこには国内ブランドしか売っていなくて、リーもリーバイスも知らなかったなぁ〜。

単なる素材名を超えた「デニム」

デニムって素材名ですよね。

厚手の丈夫な綾織物です。

インディゴや藍で染められたものが多い。

でも今はもうカテゴリーの名前としての役割も担ってきています。

デニムだけでなくデニム風のもので作られて全てのアイテムの総称みたいな使われ方ですね。

デニムのパンツ、デニムのシャツ、デニムのジャケット、デニムの帽子などデニム素材を使ったものはもちろんです。

しかし、ダンガリーのシャツ、シャンブレーのシャツなども、デニムのカテゴリーとして含まれるようになってきていますよね。

これらはもちろん、デニム素材ではありません。

デニム素材以外のインディゴ染めや藍染めのものなども「デニム」というカテゴリーに含まれるようになってきた。

インディゴや藍で染めたジャージやニットなどですね。

これらはコットンが主ですが、中には麻をインディゴ染めしたジャケットなんかもあります。

インディゴで染められたニット

インディゴで染められたニット

インディゴor藍で染められた麻のジャケット

インディゴor藍で染められた麻のジャケット

このように、デニムっていう素材は、その素材名を超越して一つのファッションカテゴリーにまで発展したと言えるでしょう。

思い返してみれば、そもそもの始まりはGパン(GIパンツの略と言われている)って呼んでいたものね。

だからデニムのジャケットはGジャンて呼んでいた。

そうそう、ジーンズっていうのも素材名だそうです。

デニム=フランスのニーム地方の綾織素材の名前、「serge de Nime」(セルジュ・ドゥ・ニーム)が語源らしい。

ジーンズ=セルジュ・ドゥ・ニームと呼ばれる生地はイタリアのジェノヴァから各国に輸出されていた。ジェノヴァは、当時のフランス語(中世フランス語)では 「Gêne(ジェーヌ)」であり、この中世フランス語「Gêne」が英語に入り「jean」という表現になり「jeans(ジーンズ)」となったそうです。

なるほどなるほど・・・

広がりゆくデニムの世界

Gパン、ジーンズ、デニム。

こんな呼び名の変遷がありました。

そして今のファッションでは、一つのアイテムではなく「デニム」というカテゴリーとして重要なポジションとなった。

上記のアイテムだけではなく、バッグやシューズ、またカチューシャやシュシュといったヘアアクセサリーやコサージュまでデニムで展開されている。

実はデニムのパッチワークで作られたソファ、はたまた藍染めのラグマットなんかもあるんですよ!

インテリアにまで取り入れられると、デニム好きにはご機嫌な空間になるんだろうな。

 

・・・・・そういうことです。

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

PAGE TOP