本当に大切なのは、オープン景気が終わった後なのです|GINZA SIX

公開日: VMD, 注目ショップ ,

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

GINZA SIX

420に銀座にオープンする商業施設GINZA SIX

昨日、一昨日とそのレセプションに伺いました。

大型商業施設なのに、中央に吹き抜けがあるので、回遊していても位置が掴みやすいレイアウト。

ある意味、贅沢な気分を醸し出してくれています。

その吹き抜けからは草間彌生さん作のカボチャのアートがたくさん吊り下げられて圧巻。

テナントのお店を見ても、既存店とは違って趣向を凝らしているものが多かった。

インテリアが新しかったり、限定商品を用意したり。

商品としてのモノも、それを入れるパッケージとしてのも、工夫されているお店が多かったですね。

ハイブランドもスケーター意識?

こんなアイスキャンディなら思わずinstagramに投稿したくなる!

デニムのディスプレイ。インパクトありますね!

そして外国人観光客の方を意識しているお店がほとんど。

『観世能楽堂』オープン前なのに床に使い込まれた後がしっかり。印象的でした。

言葉の表記はもちろん、限定商品、ディスプレイ、インテリアにもそれは感じられました。

おそらくオープンしてしばらくは、とても賑わうことでしょう。

さて、オープン景気が終わった後は?

ただ、感じたことがあります。

それが落ち着いた後のことを考えていますか?ということ。

オープン当初はあれほど賑わった東急プラザもすっかり落ち着いているという様なお話も聞きます。

大切にしなければいけないのは、オープン景気で見に来てくれる人よりも、お店のファンになってくれる人、リピーターになってくれる人を作ることだと思います。

そんな人を作ることができれば、オープン景気が落ち着こうが、外国人観光客の方が減少しようが、ある程度の売り上げは見込める。

今のうちからそのことを考えた関係性作りをお客さまと始められるかどうか?だと思うのです!

『お客様との関係性づくり』3つのポイント!

お客様に自由にメッセージを書いていただく。それを店内のディスプレイとする工夫がされていたお店

ボクも関わらせていただいたHABAのお店。制服も素敵です!

オープン直後の売上で測ることよりも、その期間中にどれだけのお客様と関係性が持てたか?だと思います。

それは商品はもとより、お店を知っていただくこと⇒『もう一度来てみたい』と思っていただくこと

あなたを知っていただくこと⇒『もう一度会いたい』と思っていただくこと

忘れられないようにすること⇒『ツールの活用』(お手紙、ブログ、SNS

さぁ、目先の売上に左右されて一年後に慌てないように、お客様との関係性づくりを今のうちから考えていきましょう!

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑