売り場作りの指示もコミュニケーションの時代へ!

公開日: VMD ,


VMDコンサルタントの藤井雅範(ふじいまさのり)です。

ボクが大手アパレルメーカーに在籍していた頃、ブランドの各店舗への売り場作りの指示は、イントラネットを通しての本部一括発信という形が取られていました。

どこかのサンプル店舗で作った売場を基に、写真と文章、使用する商品の品番の指定を添えて各店舗に配信します。

それを見た各店舗のスタッフが自分の店に落とし込んで再現する、というスタンスでした。

以前はそれで効果がありました。

全国の店舗が同じような店頭作りになる。

その中身はもちろん前年や直近の売れ方のデータに基づいた情報、在庫状況、トレンド情報が盛り込まれています。

その通りに実施するだけで、ある程度は売上をキープすることが出来ました。

本部一括配信の行方・・・

やがて、オーバーストアやターゲット人口の減少という環境の変化に対して、柔軟に変化することなく同じような本部一括配信をしているブランドや、モノ(使用する商品の指示)中心の発信では苦境に立たされて来るようになりました。

要因はいろいろ考えられます。

一つは地域性。

その地域独自の気候や慣習ですね。

もう一つは立地特性。

店前通行客数や顧客比率の違い。

更には、各店舗スタッフが自分で考えなくなる、ということも・・・

 

本部一括配信で指示に従わせようとすると、自ら考えて工夫する必要まで放棄してしまう場合もあるということ。

とりあえず同じようにやっておけば良いとか。

自分のお店はスタッフ数が少ないので、本部発信とおんなじようには出来るわけがない、とあきらめていたり。

『うちのお店はどうせ無理・・・』って心のなかで思ってしまう。

もしくは従っているように見せて、全く指示通りしていなかったり。

 

そういう状況では店舗側のモチベーションが上がらないですよね。

これでは売上は上がりません・・・・・

店舗オペレーションもSNSのように交流しよう!

IMG_8228

今日打ち合わせで伺った広告や販促の制作会社さんの新しいサービスでは、クラウド型のwebサービスで、特別な準備がなくても気軽に各店舗への発信ができるそうです。

ソフトのインストールさえ不要らしい。

そのサービスの中でとても良いなと思った点があります。

一つは各店舗の状況が手軽に投稿できて、すべての店舗で一覧で見ることが出来る点。

次に、本部からの一方通行ではなく、簡単に双方向のコミュニケーションが出来る、という点。

そして店舗と店舗間で、『すごいね!』や『参考になる!』と言ったボタンをクリックできるという点。

更には店舗間でお互いの投稿に対してコメントを残しあったり出来る点。

 

これって何かと似ていませんか?

そうですよね、まさにSNS。

フェイスブックやツイッターやinstagramと同じ。

気軽に投稿できるし、『すごいね!』や『参考になる!』をもらったらモチベーションのアップにもなる。

更に深く知ろうと思えばコメント残して交流することも出来ます。

 

従来の本部からの一方通行ではない、店舗と本部、店舗の店舗のコミュニケーションツールということですね。

まさに今からの店舗オペレーションにはこういった考え方が重要だと思っています。

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP