もう、戦争用語を使うのは止めませんか?


VMDコンサルタントの藤井雅範(ふじいまさのり)です。

 

戦争用語を使っていませんか?

会社の会議などで、ついついこんな言葉を使ってしまうこと、ありませんか?

『今週の戦い方を発表します』

『では、今週の戦略会議を始めます』

『今週こそは勝ちます

・・・・・

おそらく、深い悪意はなくて使っていらっしゃることが多いのでしょう。

ビジネスの目標数値を達成するため、分かりやすい表現だから使ってしまうのだと思います。

しかし、でも、だけども、これらは戦争用語です。

誰と戦っているの?

誰に勝つの?

まさか、お客様と戦うのではないですよね。

じゃ、同業他社の方たち?

同業他社の方と戦って勝つことがビジネスの目標なのでしょうか???

 

何のためのビジネス?

ビジネスの目標は、自分たちが誰かの役に立てることを行うことですよね。

その役に立った成果に対して対価が支払われる。

結果として利潤を生む。

まさか同業他社の方と戦って、相手が自分より悪い成績になることが目標ではありませんよね・・・

それじゃ、どれだけ誰かの役に立って、利益を生み出しても、さらに他社が上回ればいつまでも目標は達成できない。

報われないですよね。

自分たちがどうしたいのか?ではなく、他人を蹴落とすことが目標になってしまう。

 

言葉は言霊

口に出す言葉は、いつの間にか自分の心の中にしっかりと根を下ろし始めます。

汚い言葉は汚れた心に、きれいな言葉は清い心に。

『今週の戦略は』、『この戦術で行く』、『戦い方を考える』、『これを武器に』、『を仕込む』、『この戦法勝つ』などなど。

商品は決して“人を傷つける弾薬”ではありませんよね。

戦争用語を使えば、いつの間にか、戦って人を傷つけることに無頓着になっていきます。

“自分さえ良ければそれで良い”、と考えてしまったり、“営利至上主義”に走ってしまったり。

もうビジネスの世界で戦争用語を使うのは止めにしませんか?

その代わりに、ストーリーやシナリオといった言葉を使ってみては?

虎視眈々と戦略を練っている会社よりも、お客様を幸せにするストーリーを考えている会社の方が絶対に共感されるはずです。

peace-529380_1280

ボクたちは、誰かを傷つけるためにビジネスをしているんじゃない。

誰かの役に立つためにビジネスをしている。

 

終戦記念日を明日に控え、戦争の悲惨さを改めて感じた今日、そんなことを考えていました。

 

・・・・・そういうことです。

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

Comment

  1. あおきゆき より:

    藤井様

    その通りですね、、、。
    なんとなく、仕事=数字=戦って勝つ のようなイメージだったかもしれません。
    意識改革します^ ^

    ありがとうございます。

    青木由紀

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP