なぜ、安売りしてはいけないのか???


VMDコンサルタントの藤井雅範です。

街はサマーセール色に染まってきました。

しかしどうでしょう?

半期に一度のセールだからといって、昔ほど盛り上がっていないのではないのでしょうか?

その理由は、セール以外の時期にも頻繁に安売りが行われるようになったせいもあることでしょうね。

IMG_5595

『すべてはお客様のために』と思うのならば・・・

もしあなたが『お客様のため』と思ってお仕事をしているのならば、安売りはしないほうが良いのです。

正確に言うと、『すべてはお客様のために』とか『お客様第一』と本当に思っているのなら、頻繁に『安さ』を前面にだして訴求しないほうが良いということです。

お客様が『安い価格表示』『大幅な割引率表示』に釣られてひとつの商品に気づいた場合、その商品を買う理由は『安い価格』になってしまいがちです。

お洋服屋さんの場合、気をつけなければいけないこと、それは『似合わないかもしれないけど、安いから良いか・・・』『着ないかもしれないけど、安いから良いか・・・』こんなお買い物をされてしまうことです。

これは良くありません。

本当に似合わなかった

本当に似合わなかったらいくら安くても、嫌な気分になることでしょう。

 

本当に着ることもなく捨てられた

本当に捨てられてしまったら、いくら安く買っていたとしても損害でしかありません。

 

もしこうなった場合、そのお客様にとってあなたのお店は大切な存在であり続けられるでしょうか?

黙って、ただもう二度と来店されなくなることでしょう。

似合わないお客様には売ってはいけない!

『すべてはお客様のために』『お客様第一』と本気で思っているのなら、お客様が購入を考えている時に似合わないと思ったら、自分の意見を述べてみることです。

すでに顧客になっていただいている場合なら『これは買わないでください!』と言ってみる。

そして本当に似合う商品をご紹介するのです。

もしその場にそんな商品がなければ、その日は『今日は買っていただかなくて結構です』と言ってみる。

たとえお買い上げに至らなくても、お客様は信頼してくださることでしょう。

『あの人から買いたいな』と。

きっとまた、あなたのお店に来てくださる。

セールは、『普段定価で買っていただいているお客様への感謝』が目的!

売り上げ計画を立てる、数値目標を設定する、それに向かって工夫する。

これは悪いことではありません。

ビジネスの上では大切なこと。

しかし、そのためにその商品を必要としていない、本来なら売らなくても良い人にまで売りつけるようなことをしてはいけないのです!

売り上げ計画の達成が第一ならば、とたんに『すべてはお客様のために』とか『お客様第一』というのは嘘になる。

 

期末のセールが盛り上がるのは良いことです。

でもその一番の目的は、『普段定価で買っていただいているお客様への感謝』であるべきです。

自店の在庫を減らすことが第一の目的ではない。

 

・・・・・そういうことです。

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP