店舗スタッフの活躍の場を広げよう!|OMO推進のメリット


こんにちは!

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

OMOとオムニチャネル

最近良く目に、または耳にする言葉が『OMO』

On line Merges Off lineの略です。

オンライン(インターネット)とオフライン(リアル店舗)の融合、といった感じでしょうか。

ulleo / Pixabay

良く似たニュアンスでは『オムニチャネル』があります。

これはオンラインとオフラインのどちらでも都合の良いときに消費者が接触できる(購買出来る)環境を整えるという意味。

『OMO』はさらにその先、購買行動のみならずあらゆる顧客体験をオンラインとオフラインを融合させて企画・設計していくようなイメージですね。購買履歴等のデジタルデータも共有活用されるのが前提です。

 

なのでそこには、オムニチャネルだけでなくSNSやアプリで発信する内容、交流の方法も含まれてきます。

お客様に、より豊かな購買体験をチャネルを超えて提供することを目指しているのが『OMO』なのだと思います。

ファッションビジネスにとってのチャンス

ファッションの流通において、こういった『OMO』を推進していく上で重要なのは店頭のスタッフだと思います。

店頭での販売・接客応対が店舗スタッフの仕事で、評価や待遇もその範疇でしか捉えられていない企業にとっては、今が良いチャンスです。

業務内容や評価・待遇の仕組を変えることで一人あたりの売上は伸び、スタッフのモチベーションも大きくアップするきっかけになるはずです!

スタッフの活躍の場の広がり

リアル店舗で

従来どおりの店頭での接客・応対

店頭のディスプレイのコーディネーター

SNSで

SNS上でのスタイリングモデル

発信に関するエディター

SNS上での顧客とのコミュニケーション

ECで

店舗をショールーミングしてオムニチャネルのメリットを享受

 

欠品や在庫過多などバランスの悪い商品構成から開放され、目指すべき空間であるパーフェクトな店舗環境の実現(実験&検証)

ショールームにおいてスタッフは、ブランドの顔として接客・応対し、ECへいざなう。リアルにお客さんと触れ合うことで新しいカテゴリー、ビジネスチャンスの芽を掴む(ライフスタイル提案の広がり)

購買履歴に基づくEC上でのバーチャル接客(AI+スタッフ)・・・

 

接客・販売という業務からマルチにスタッフの活躍の場を広げていく。

従来行っていたマスメディアへの投資は大きく抑えてスタッフに投資する。

スタッフの活躍の場が広がり、お客さんのリピーター化・ファン化が加速する。

スタッフのモチベーションは上がり、広告宣伝経費は下がる。

 

『OMO』が進んでいく上で、楽しい妄想が膨らんできました。

みなさんもアイディアがあれば教えて下さいね!

福岡でセミナー行います!

『人口が減少し始め、EC化率はまだ高くなり、リアル店舗の数も多いという現状。

売上の考え方一つでも新規客獲得から顧客さんの客単価や来店頻度や継続来店年数にシフトしたほうが良いのです。

そのための工夫を凝らすことが顧客さんにとってもメリットが多くなる。

VMDの施策も顧客さんをファン化する方向で考えると成果は高くなっていきます・・・』

 

今年最後のセミナーで、そんな話をしようと思います。

場所は福岡。

日程は12月12日。

セミナーは夕方の6時から8時位まで。

そのあと夜の10時くらいまで懇親会を行います。

12/12 VMDセミナーin福岡】

日時:
2019
年12月12日 木曜日
                
時間:
セミナー/18時~20
 懇親会/20時~22

場所:『STEREO(ステレオ)』内『サイドB』(別室となっています)
福岡市中央区大名2-1-4
 ステージワン西通りビル3F

http://www.stereo.jpn.com/stereo/
              

参加費:15,000円(懇親会費込、消費税含)

申し込み:こちらの専用フォームからお願いします。

スポットコンサルティング行います!

・12月11日(水)、12日(木)、13日(金)、14日(土)

福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、山口県が対象(14日は広島も可能。地域と時間により対応できない場合がございます)

なので通常の半額で実施させていただきます(税別、交通費無料です!)

  • VMD全般にまつわる相談・実践指導(具体的な実例を示し、ご教授します)
  • 売上改善に向けた施策の相談・提言(売上課題を聞き、具体的な打ち手を示します)
  • SNS活用の相談・提言(SNSの本質的な活用法から各SNSの使い分け方まで)
  • ミニセミナーの実施など(社員、スタッフ、同業者や地域の仲間を集めて)

あなたのお店や会社に出向いて実施いたします。

この機会に新たな目線で売上アップに取り組んでみませんか?

お問い合わせはこちらのフォームから↓

コンサルティング依頼・比較表・お問合せフォーム

(・ご依頼内容→その他問い合わせ・ご相談 ・メッセージ欄に『スポットコンサルティング希望』とお書きの上、希望の日時をご記入下さい。折返し自動返信フォームが配信されます。返信がない場合は迷惑メールボックスをご覧くださいませ)

 

皆さんとお会いできますことを楽しみにしております!

 

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP