30万のバッグが、たった1時間で売れた理由

公開日: IP, VMD, VMDノウハウ, VMD事例


こんにちは!

藤井雅範です。

 

先日、クライアント先の店舗での事です。

ヴィンテージのバッグやアクセサリーを扱うお店。

基本的にバッグはバッグ、アクセサリーはアクセサリーとアイテムごとにレイアウトしてありました。

洋服の展開を広げていきたいということで、初めてお店のファサードで展開することに。

そのときに提案させていただいたことについて買いてみます。

 

ハンギングにアクセントを

もともとはバッグやアクセサリーが中心のお店。

いきなり洋服だけのコーナーを設置するのも悪くはないのですが、アイテム同士の親和性を高めることでお互いを引き立てられたら・・・

そんな風に思ったんです。

 

ラックに配置された洋服はハイゲージのニットのアンサンブルが中心でした。

そこに洋服と同じハンガーを使ってバッグを掛けてみたんです。

秋冬の洋服とのコーディネートを考えて、ツイードのバッグ。

シャネルのヴィンテージものです。

さらにシャネルのパールのネックレスもハンガーを使ってかけてみました。

そうすることでラックにアクセントが出来たのです。

 

そのあと入っていらしたお客様、その洋服のラックにかかったシャネルのバッグを手に取りました。

フラットな印象のニットの間に挟まれたツイードのバッグが魅力的に見えたのでしょう。

しばらくミラーの前でお試ししてからお買い上げに。

 

実はこのバッグ、店頭展開されてから半年以上反応がなかった商品。

それまではずっとバッグの棚の中で展開されていました。

それがアパレルのラックにハンギングされてほんの1時間で売れた。

お店の方も随分と驚かれていました。

価格は30万円以上。

 

レイアウト替えの重要性

お店は生き物、と言われたりします。

その言葉には一理あります。

動きがない水は淀んでしまう様に、変化を出すことで商品は活き活きと輝きだす。

ときにはセオリーや常識を超えた発想で動かすことで、新しい魅力が出るのです。

 

コートを例に取ると、例えばこういう事

一般的にコートは重たく見えるので、目的がないと触ってもらいづらいアイテム

 

 

でも、コートのコーナーにボーダーやチェックのインナーを挿すことでコントラストが出て触ってもらいやすくなります

 

今まですっとこうだったからコレで良い

マニュアル通りだからそれで良い

モノが良ければ売れるはず・・・

そんな自動思考で仕事をしていては楽しくありません。

貴方の自由な発想が商品を生き返らせるのです。

やってみてくださいね!

9/13芦屋 9/18東京でVMDセミナーやります!

テーマは『SNSとリアル店舗』

VMDや接客に工夫しているつもりだけど、数字がついてこない。

SNSの投稿も頑張っているんだけど、売上につながらない。

なんだか仕事が楽しくない・・・

そう感じたこと、ありませんか?

 

SNSとリアル店舗。

その本質とテクニックを学ぶことで仕事が楽しくなる!売上がアップする!

そんなセミナー行うことにしました。

ゲスト講師として、人気インスタグラマーの西岡健斗さんにも登壇してもらいます。

9/13 VMDセミナーin芦屋】

日程:
2019
9月13日(金)

時間:
セミナー/18時~2030
懇親会/2030分~2230分 (セミナーだけ、懇親会だけ、の参加は出来ません)

場所:
ブックカフェ 三日月と太陽 -Sakliev 2F-

兵庫県 芦屋市西山町1-2 2F

TEL 0797-22-8519

参加費:(消費税含)
・セミナー&懇親会:15,000

お申し込み・入金期限:97日(金)

芦屋セミナーお申込みはこちらからどうぞ↓

 

9/18 VMDセミナーin東京】

日程:
2019
9月18日(水)

時間:
セミナー/18時~2030
懇親会/2030分~2230分 (セミナーだけ、懇親会だけ、の参加は出来ません)

場所:

野菜が美味しいLONGING HOUSE CAFE 神宮前

https://www.longinghouse.com/no.2/jingu/
東京都渋谷区神宮前4-22-9

TEL 03-6433-5808 

参加費:(消費税含)
・セミナー&懇親会:15,000

お申し込み・入金期限:911日(金)

東京セミナーお申込みはこちらからどうぞ↓

 

皆さんとお会いできることを楽しみにしています!!!

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP