店舗空間創りのヒント!|クリスチャン・ボルタンスキー展


こんにちは!

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

 

以前、『LTV(顧客生涯価値)の高いお店になりましょう』という記事を書きました。

なぜお客さんが来なくなってしまうのか?

一人のお客さんの購入単価、来店頻度、継続購入期間で判断しようという視点です。

購入単価や来店頻度を上げる、継続期間を伸ばすことで売上がアップする、というような考え方。

 

そのために大切なことの1つに“お店に飽きられないようにする”ということがあります。

いつ行っても新たな感動や発見があるからこそ、長い期間継続利用してくださるのですから。

 

モダンアートにはヒントがいっぱい

そんな店舗空間創りのヒントになるのがモダンアートだと思います。

先日拝見した塩田千春展 『魂がふるえる』でもそう感じました。

店舗ディスプレイから商業アートへ|魅せる空間を作ろう!

“吊るすこと”・“集積すること”・“糸を張り巡らすこと”、こういった手法を駆使して圧倒的な空間を創り出しています。

 

そしてクリスチャン・ボルタンスキー展

ここでも圧倒的な“集積”が見られました。

“集積”のほかには“連続性”・“揺らぎ”といった表現も。

 

作品《ぼた山》

《ぼた山》

 

作品《ぼた山》

《ぼた山》

 

作品《保存室》

《保存室》

 

作品《保存室》

《保存室》

 

店舗空間での集積

・商品の1つのアイテムを沢山集め、まとめてディスプレイする

・ディスプレイの演出小物を沢山集めて空間を構成する

・商品の写真をプリントアウトして壁一面に貼り付ける

・関連備品(ハンガーやショッピングバッグやギフトボックスや商品パッケージやラッピングのリボンや梱包のダンボールなど)を沢山集めて空間を構成する

 

店舗空間での連続性

・同じアイテムを規則性のあるカラー配列で陳列する

・同じアイテムを規則性のあるレングスの変化で陳列する

・マネキンを全て真横に向けて整列させて配置する

 

店舗空間での揺らぎ

・天井から吊り下げられた沢山のバナーが揺らぐ

・暗い隅におかれたキャンドルが揺らぐ

・ショーウインドウにディスプレイされたふんわりとしたスカートがファンの風で揺らぐ

・コーナーの間仕切りに設置された、紐でできた暖簾が揺らぐ

 

こういった仕掛けは店舗空間でもできます。

大切なのは徹底的にやりきること。

そういった工夫で店舗空間を変化させ続ける。

そんなお店にはまたやってきたくなるのです。

いつ行っても新たな感動や発見があるからこそ、長い期間継続利用してくださる。

そういうことだと思います。

9/13芦屋 9/18東京でVMDセミナーやります!

テーマは『SNSとリアル店舗』

VMDや接客に工夫しているつもりだけど、数字がついてこない。

SNSの投稿も頑張っているんだけど、売上につながらない。

なんだか仕事が楽しくない・・・

そう感じたこと、ありませんか?

 

SNSとリアル店舗。

その本質とテクニックを学ぶことで仕事が楽しくなる!売上がアップする!

そんなセミナー行うことにしました。

ゲスト講師として、人気インスタグラマーの西岡健斗さんにも登壇してもらいます。

9/13 VMDセミナーin芦屋】

日程:
2019
9月13日(金)

時間:
セミナー/18時~2030
懇親会/2030分~2230分 (セミナーだけ、懇親会だけ、の参加は出来ません)

場所:
ブックカフェ 三日月と太陽 -Sakliev 2F-

兵庫県 芦屋市西山町1-2 2F

TEL 0797-22-8519

参加費:(消費税含)
・セミナー&懇親会:15,000

お申し込み・入金期限:97日(金)

芦屋セミナーお申込みはこちらからどうぞ↓

 

9/18 VMDセミナーin東京】

日程:
2019
9月18日(水)

時間:
セミナー/18時~2030
懇親会/2030分~2230分 (セミナーだけ、懇親会だけ、の参加は出来ません)

場所:

野菜が美味しいLONGING HOUSE CAFE 神宮前

https://www.longinghouse.com/no.2/jingu/
東京都渋谷区神宮前4-22-9

TEL 03-6433-5808 

参加費:(消費税含)
・セミナー&懇親会:15,000

お申し込み・入金期限:911日(金)

東京セミナーお申込みはこちらからどうぞ↓

 

皆さんとお会いできることを楽しみにしています!!!

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP