『リアル店舗の売上はもう上がらないの?』|質問へのお答え その1

公開日: VMD, リアル店舗 ,


こんにちは!

藤井雅範です。

よく受ける質問

コンサルの打ち合わせで、セミナーで、ブログへのコメントで、僕が最近良く受けるる質問がいくつかあります。

しばらくそれに関する僕の見解を書いていこうと思っています。

まず最初の質問。

『リアル店舗の売上はもう上がらないの?』

 

アパレル業界を例に取ると、全体の市場規模は緩やかに減少傾向にあります。

その中でアパレルEC売上は逆に伸びていっています。

たしかに

『リアル店舗の売上はもう上がらないの?』

そう思われかねない傾向。

ECとリアル店舗、分けて考えないこと!

僕はこう思うんです。

これはECの売上、これはリアル店舗の売上、そんなふうに分けて考えないことが大切なのでは?ということ。

結論的には管理会計を分けて考えないことが大切なんじゃないかって。

 

よくオムニチャネルと言われます。

顧客の購買行動に対して便宜を図ることは重要ですよね。

ECで見かけたものをリアル店舗で確認する。そのままリアル店舗で買っても良いし、帰ってからECで注文するのも良い。

逆にリアル店舗で気に入ったものをECで比較検討して購入するのも自由。そのほうがサイズやカラーが揃っている場合もあるし。

 

そしてこんなデータもあるんです。

オンラインストアと実店舗の両方で買い物をする顧客は、どちらか一方でだけ購入する客よりもLTV(顧客生涯価値)が30%も高いらしい

 

たとえば

ECしかやらないとしたら、圧倒的な情報量の中で機能や性能・価格の競争に巻き込まれる。

リアル店舗しかやらないとしたら、お客さんにとっての利便性が悪い。情報のリーチが短い。

 

ECだから伝えやすいこと、リアル店舗だから出来ること。

オムニチャネルでこれをやりきっていくことだと思います。

そうすることでお客様と長い関係性を維持しやすくなるのです。

リアル店舗を『在庫置き場』にしていませんか?

delphinmedia / Pixabay

リアル店舗で言えば五感でお店や商品やブランドの価値を提供できる。

お客さんを感動させることが出来るのです。

だからそのためにお店を作り上げていくことですよね。

在庫置き場であってはならない!

 

ECはその使い勝手をどんどん進化させていくことが大切だし、そこにはAIを活用することでますます可能性は膨らむ。

そしてリアル店舗ではECを、ECではリアル店舗を紹介してその両方をお客さんに使い分けていただくことです。

これはECの売上、これはリアルの売上、と管理会計を分けて考えないこと!

 

だから

『リアル店舗の売上はもう上がらないの?』

という質問には

ECとリアルそれぞれの良さをお互いに伝え合うことで全体の売上は上がる!』

というお答えをしているのです。

 

9/13芦屋 9/18東京でVMDセミナーやります!

テーマは『SNSとリアル店舗』

VMDや接客に工夫しているつもりだけど、数字がついてこない。

SNSの投稿も頑張っているんだけど、売上につながらない。

なんだか仕事が楽しくない・・・

そう感じたこと、ありませんか?

 

SNSとリアル店舗。

その本質とテクニックを学ぶことで仕事が楽しくなる!売上がアップする!

そんなセミナー行うことにしました。

ゲスト講師として、人気インスタグラマーの西岡健斗さんにも登壇してもらいます。

9/13 VMDセミナーin芦屋】

日程:
2019
9月13日(金)

時間:
セミナー/18時~2030
懇親会/2030分~2230分 (セミナーだけ、懇親会だけ、の参加は出来ません)

場所:
ブックカフェ 三日月と太陽 -Sakliev 2F-

兵庫県 芦屋市西山町1-2 2F

TEL 0797-22-8519

参加費:(消費税含)
・セミナー&懇親会:15,000

お申し込み・入金期限:97日(金)

芦屋セミナーお申込みはこちらからどうぞ↓

 

9/18 VMDセミナーin東京】

日程:
2019
9月18日(水)

時間:
セミナー/18時~2030
懇親会/2030分~2230分 (セミナーだけ、懇親会だけ、の参加は出来ません)

場所:

野菜が美味しいLONGING HOUSE CAFE 神宮前

https://www.longinghouse.com/no.2/jingu/
東京都渋谷区神宮前4-22-9

TEL 03-6433-5808 

参加費:(消費税含)
・セミナー&懇親会:15,000

お申し込み・入金期限:911日(金)

東京セミナーお申込みはこちらからどうぞ↓

 

皆さんとお会いできることを楽しみにしています!!!

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP