経営者の皆さんへ|VMDとは“思い”を見える化する手法


こんにちは!

藤井雅範です。

 

前回、こんな記事を書きました。

『VMD』は魔法の杖なのか?↓

『VMD』は魔法の杖なのか?

売上の改善・業績の向上を望むのであれば「ビジネスのシステム」として取り組めば良い

といった内容です。

この記事を読んだ方からこんな質問が来ました。

「【ビジネスのシステムとして取り組む】 ということは例えばどういうことですか?」

なるほど・・・

VMDをシステムとして取り入れる

この部分はとても重要!

実はブログで書くのはとてもむづかしい部分でもあります。

小売業の中でも、業態の違い、販売サイクルの違い、商品の補給体制の違い、立地の違い、販売体制の違い、そして経営者の思い・・・

こういった違いによって細かく変わってくるから。

だから誤解されやすい部分でもあるんです。

それを承知で、一例としてさわりの部分だけ書いてみますね。

 

KEYはMAP!

前回のブログで、「VMDもPDCAサイクルにのっとって行われる」ということを書きました。

その上で重要なのはオリジナルのMAPです。

Nietjuh / Pixabay

・顧客アプローチ・商品計画(企画〜仕入れ〜販売)を店舗環境全体で一貫性をもって訴求することがVMD計画。

そのVMD計画が一連の流れで理解できるMAP。

これが基本です。

 

「何を今さら・・・」と、当たり前のように思われるかもしれません。

しかし今の時代だから大事なのです。

SPAの隆盛を体験し、その失敗も見届けた僕だから言えることでもあります。

「外さないことに注力するあまりギリギリまでひきつけてひきつけて商品を作り、結果同質化やブランディングの根本がぶれてしまった」という失敗です。

ひきつけすぎるとVMD計画も顧客へのアプローチも後手後手になる、完成度も低くなる、一貫性も薄くなる。

 

SPA以外の業態でもそうです。

トレンドを追うあまり仕入れをひきつけすぎて、結果失敗した経験のある方も多いのでは?

 

マスメディア全盛の頃と今とでは、すでに時代が変わったのです。

「何が売れてるの?どうしたら売れるの?」から「ウチはこれを売る!このようにして売る!」へ

今だからこそ、店舗オリジナルのMAPが大切。

ただの紙切れか?それともバイブルか?

MAPで大切なのは中身だけではありません。

如何に活用されるか?という部分です。

 

中身では“シナリオ”が大切。

シナリオとは、誰に何を伝えてどう行動してほしいのか?そのために具体的にどんなアクションをとるのか?

 

活用されるためには、関わるスタッフ全員が同じMAPを見れる環境を作ること。

結果、PDCAが回る。

 

だからMAPは1枚ではなくレイヤーになっているのです。

レイヤーになって過去の履歴や関連部署の動きが見れるから計画も立てやすい。

思いをカタチに!

小売業を行っていく上での思い。

それぞれあると思います。

たとえば、『お店に来てくれたお客さんが、お店でスタッフや商品や店舗空間と触れることで笑顔になること』

そんなことを目指すところも多いことでしょう。

 

そんな“思い”を見えるように“カタチ”にしていく。

そのためにVMDに取り組んだり、接客サービスを向上させたりする。

結果“売上”がアップする。

するとまた“思い”も膨らんでいくのです。

 

僕は経営者の皆さんのサポートを行います。

本気で売り上げを改善したい方に向けて、あなたのお店・会社に応じた内容で柔軟に対応します。

こちらのフォームからお問い合わせくださいね。↓

やりきりましょう!

9/13芦屋 9/18東京でVMDセミナーやります!

テーマは『SNSとリアル店舗』

VMDや接客に工夫しているつもりだけど、数字がついてこない。

SNSの投稿も頑張っているんだけど、売上につながらない。

なんだか仕事が楽しくない・・・

そう感じたこと、ありませんか?

 

SNSとリアル店舗。

その本質とテクニックを学ぶことで仕事が楽しくなる!売上がアップする!

そんなセミナー行うことにしました。

ゲスト講師として、人気インスタグラマーの西岡健斗さんにも登壇してもらいます。

9/13 VMDセミナーin芦屋】

日程:
2019
9月13日(金)

時間:
セミナー/18時~2030
懇親会/2030分~2230分 (セミナーだけ、懇親会だけ、の参加は出来ません)

場所:
ブックカフェ 三日月と太陽 -Sakliev 2F-

兵庫県 芦屋市西山町1-2 2F

TEL 0797-22-8519

参加費:(消費税含)
・セミナー&懇親会:15,000

お申し込み・入金期限:97日(金)

芦屋セミナーお申込みはこちらからどうぞ↓

 

9/18 VMDセミナーin東京】

日程:
2019
9月18日(水)

時間:
セミナー/18時~2030
懇親会/2030分~2230分 (セミナーだけ、懇親会だけ、の参加は出来ません)

場所:

野菜が美味しいLONGING HOUSE CAFE 神宮前

https://www.longinghouse.com/no.2/jingu/
東京都渋谷区神宮前4-22-9

TEL 03-6433-5808 

参加費:(消費税含)
・セミナー&懇親会:15,000

お申し込み・入金期限:911日(金)

東京セミナーお申込みはこちらからどうぞ↓

 

皆さんとお会いできることを楽しみにしています!!!

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP