自分に言い訳をするな!

公開日: VMD


こんにちは!

藤井雅範です。

・いつかお金が溜まったら

・そのうち暇になったら

・また時間が出来たら

・今度機会があれば

・もっと成長してから ・・・

 

でも、そんな時はやってこない。

やろうと思った“今”しかないのです。

いつか・・・では、いちばん大事な“思い”が薄れてしまっているかもしれないから

 

これは僕がいつもセミナーの最後に紹介する言葉です。

セミナーに来ていただいたみなさんが

『聞いた内容をヒントに行動し成功してほしい』

そういう思いから、いつもお話するようにしています。

僕たちには“今”しかない

仕事の場合

「忙しくてなかなか時間が取れないんです」

と言いながら本心では「まだやったことがないから自信がない・・・」

 

「やりたいんですけど、本部からOKが出ないかも?」

と言いながら本心では「もし失敗したらどうしよう・・・」

 

「今日はお客さんが多いから」

と言いながら本心では「私がやらなくても誰かがやってくれるかも・・・」

 

こんなふうに、やらない理由を見つけてなかなか行動できなかったりね。

プライベートの場合

「あっ、あの人に会ってみたい」

と思ったのに「急に連絡したら迷惑におもわれるかも・・・」

 

「あのセミナーを聞いてみたい」

と思ったのに「セミナーなんて行ったことがないから・・・」

 

「あの美術館に行ってみたい」

と思ったのに「きっと混んでるだろうから・・・」

 

そんなふうに自分が行動できない言い訳のオンパレードを自分に向かって言っている。

 

でもね、僕たちには“今”しかないんです。

いまやろうと思ったことは、明日にはもうできなくなっているかもしれない。

明日生きていられるかどうかさえ、わからない。

そしてそれは本当にありえることなのです。

先延ばしという悪習慣を断ち切る

『明日南極に行く。ロールスロイスを買う。(笑)』物理的に無理なことは、もちろん仕方ありません。

しかしそうでないのならば・・・

やろうと思った仕事を手がけてみる。

会いたいと思った人に会う。

行きたい場所に行ってみる。

 

タイミングを逃さないこと。

自分の直感に従うこと。

そうすれば良い事が起きると思うのです。

僕はコレを意識するようになってから随分と良いことに恵まれました。

 

チャレンジした仕事が自分の糧になったり、

会った人との時間がメッチャ濃密な時間になったり、

行ってみた場所で大きな発見があったりね。

今まで自分で自分に言い訳ばかりして行動できていなかった僕が言うのだから間違いない(笑)

 

今、行動することです。

自分の気持に正直になる。

このブログも読んでるだけじゃダメです。

良いと思ったことはスグにやりましょうね!

今日も読んでくれて、ありがとうございます!

 

セミナーの様子を収めたDVDを発売中!

VMDの基本から、売上をアップさせるシナリオ作りまでを収録。

スライドテキストがダウンロードできるので、社員研修にもそのまま利用できます!

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP