あの頃の僕は老けていて、今のほうがずっと若い

公開日: VMD, エッセイ


2106年にノーベル文学賞を受賞したのはボブ・ディランだ。

一冊の小説を書いたわけでもない狩れば世界最高峰の文学賞を受賞した。

それの意味するところは、やはり彼の書いた歌詞がまさに文学であると評価されたからだろう。

My bace pages

彼の曲の中に『My back pages』というのがある。

“私の裏面”みたいな意味のタイトル。

その中でこんな歌詞が繰り返し登場する。

 

Ah, but I was so much older then
I'm younger than that now.
(あの頃のとても老けていて、今はあの頃よりずっと若い)

この歌詞にとても共感してしまった。

 

ボブ・ディランのソロではなく、クラプトンやジョージ・ハリスンとの豪華コラボ版をどうぞ↓

 

大量の仕事に追われていた頃

サラリーマン時代、大量の仕事に追われいた時期があった。

 

僕の担当ブランド数は40ほど。

それらの年間200店舗もの直営店の出店。

僕はその事業の内装インテリア・VMD・販売促進の責任者だった。

部下の人数も多くいましたが、それだけの数をこなすには少なすぎた。

兼任兼任で、なんとかやり通したなぁ。

 

今思えば良い経験であったし、あれがあるから今の僕があるのだろう。

でも見えていなかった事があったのも事実。

 

関わる人が多すぎて一人ひとりの気持ちを汲み取れていない。

係る案件が多すぎて一つのお店の精度をあげていけていない。

量が多すぎて捌くのに必死で仕事を楽しめていない。

 

考えてみれば、相手の気持ちを汲み取って深い部分に気づいてあげたほうが、よりスムーズに仕事は進んだかもしれない。

精度の高いお店をじっくり1店舗作ることで、全体のレベルアップが容易だったかもしれない。

余裕を見つけて楽しむことで、人生への深い気づきがあったかもしれない。

いや、それらはたしかにあった。

ただよく見えていなかったし、見ようともしていなかった。

 

今考えると、頭が固い年寄りだったように思う。

実際“今”を楽しむ余裕もなく、休みが来るのを心待ちにしていた。

そして日曜日の夕方サザエさんが始まると、憂鬱な気分になっていた(笑)

 

“今”しか生きることは出来ない

今は自分のペースで生きているように思う。

仕事と休みの境目もないし、いつでも仕事ができる。遊ぼうと思えば曜日関係なく遊んでいられる。

サザエさんが始まっても憂鬱でもなんでもない(笑)

 

関わる人も案件もあの頃に比べると減った。

重い気持ちで人と合うこともないし、会いたくない人とは無理に会わない(笑)

 

その分、大切な人と深く付き合える。

本質的なことも理解できるようになる。

興味があればこちらから会いに出かけることも自由だし。

遠くに出かける際は、仕事と遊びをかけ合わせて行くことも当たり前。

 

Ah, but I was so much older then
I'm younger than that now.
(あの頃のとても老けていて、今はあの頃よりずっと若い)

本当にそう思う。

でもあの頃を悔やんでなんかいない。感謝してる。

あの頃が合ったからこそ、今の自分があるのだから。

 

セミナーの様子を収めたDVDを発売中!

VMDの基本から、売上をアップさせるシナリオ作りまで収録しました。

スライドテキストがダウンロードできるので、そのまま社員研修にも使用できますよ!

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP