久しぶりに朗読してみた・・・|VMDセミナー・エレメント

公開日: VMD, セミナー, 自主セミナー


こんにちは!

藤井雅範です。

 

先日行われたVMDセミナー・エレメント。

大阪での開催もなかなかに熱い場、となりました。

『なぜこの店で買ってしまうのか?』

セミナーに参加してくださったのはこういった方々。

世界一のデニムブランドのスタッフ

日本一のマネキンメーカーの社員

日本を代表する商空間プロデュース会社の社員

・・・その他独自の世界観でビジネスを展開している皆さん。

 

自分のお店で、またクライアントさんの店頭での売上げアップにつながるのヒント、を掴みに参加してくださいました。

 

あとで感想を聞いてみると、こんな内容が好評でした。

ECでは伝わらない、心に響くリアル店舗体験

意外性のある表現の中に意図を感じさせるVMD

心の中にある“ウォンツ”に気づいてもらう接客・店舗環境

といった内容です。

なるほど・・・

意外な好反応

しかし、一番反応が良かったのは意外なシーン。

それは実に朗読でした。

 

学生のころからバレーボールをしていた私は、

人から「活発なイメージだね」と言われることが多い。

社会に出てからは、男の人に負けちゃいけないって,

さらにボーイッシュに振る舞っているし。

そんな私にも最近知りあった男性がいて、時々連絡をくれる様になった。

なんだか気になる存在。

今度初めて二人で出かける約束をした。

でも、

 

・・・略・・・

 

そんな私が仕事帰りに通りかかった、あるお店。

ふと気になったので、足を留めてみる。

 

・・・略・・・

 

そのお店のイメージにぴったりなムードのスタッフが応対してくれた。

お洋服の話ではなく、わたし自身のライフスタイルについて質問してくれるので、話しやすい。

つい、気になる彼氏のことも話ししてみた。

・・・略・・・

 

「よかったらこれ試着してもらえませんか?お客様がこのワンピースを着ている姿を見てみたいんです」

「えっ・・・」

それは私が今まで絶対に手にしたことがない、ショート丈の黄色のワンピースだった。

 

・・・略・・・

 

下半身がまるで違う!いつものパンツルックから開放された軽やかさを実感。

「えっ、こんな自分は初めて見た!」

 

・・・略・・・

 

フィッティングルームの前室のスペースは細長い廊下状になっている。

「お客様、背筋を伸ばして、腰から脚を踏み出すように歩いてみてください」

そんなアドバイスを受けて、突き当りの壁まで少し歩いてみた。

突き当りのミラーに歩く自分の姿が映る。

 

・・・略・・・

 

私にはこんな部分もあったんだと、このお店は気づかせてくれた。

それはスタッフとの会話と、お店の空間の魅力のせいかもしれない・・・

その黄色のワンピースがたまらなく欲しくなった。

お店に入る以前は全く興味がなかったのに・・・

 

こういった内容の朗読です。

コレが好評でした。

すこーしだけ紹介↓

 

僕はしょっちゅう朗読しているわけではありません(笑)

これはお客さんが“それまで全くニーズのなかった”黄色のワンピースに、

接客と店舗環境とVMDの魅力で“突然ウォンツ”を感じてしまったシーン。

その情景を伝えるために、まるまる4分以上朗読の時間とさせてもらったわけです。

 

結果的にこの朗読で状況をイメージしてもらい、“ニーズのないところにウォンツを生む”ということに対する理解を深めてもらえたように思います。

 

「商品やお店の価値を伝わるように伝えよう」

コレは僕がいつもブログやセミナーでお伝えしていることです。

そう言っているだけにセミナーでの内容も「伝わるように伝える」事が大事ですよね!

 

そんなことを感じたVMDセミナー・エレメントin大阪でした。

参加してくださった皆さん、そしてお手伝いをしてくださった皆さん。

ありがとうございました!

 

今日も読んでくれてありがとうございます。

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP