美味しくなるレシピを提供するのがブティックの仕事!?

公開日: VMD


“食料品を買いにスーパーに行くこと”と“洋服を買いにブティックに行くこと”。

この2つは同じ買い物ですが、何が違うんだろう?そんなことをぼんやり考えていると、『あっ、どちらもVMDの効果は同じだよね!』と思ったので、それについて書きます。

食料品を買いにスーパーへ

食料品を買いにスーパーに行くことは日常のこと。

日々の献立を作る上で欠かせない行為であることが多いでしょう。

あらかじめ想定されたレシピに沿ってお買い物をする。

或いは、レシピでは不要でも特売品で安くなっているものを見て、いつもの献立に使えそうだから買う場合もあるでしょう。

しかしいくら特売品で安くなっていると言ったって、普段食べないものや好きな献立に仕上がらないものはまず買わない。

あらかじめ献立を想定したお買い物になっている場合が多い、ということです。

しかしこんな陳列をみたらどうでしょう?

普段あまり食べないパプリカ。

でもこんなふうにカラフルに並べてあるのを見ると、イメージが膨らみます。

「パプリカの4色の彩りでサラダを作ったら子供が喜ぶんじゃないかな?」

そう思って、レシピ外のパプリカを買うかもしれません。

特売にはなっていなくてもね。

あらかじめ想定された献立のお買い物ではない。

見せ方の魅力で衝動買いをしてしまった、ということになります。

 

しかもその先には子どもたちの喜ぶ顔が浮かんでいる。

こんなお買い物は楽しい。

お洋服を買いにブティックへ

お洋服を買う場合はこんなことが多いのではないでしょうか?

献立に沿ってあらかじめ考えてレシピがあったとしても、それ以外のレシピに変わることが普通です。

スカートを買いに行くつもりがワンピースになった、なんてことはよくありますよね。

例えば“デートに来ていく服”という献立があり、そのためのレシピが“スカートにニットを合わすこと”だったとします。

でもより女らしく見えるワンピースと出会えば、レシピは変えても献立は出来上がります。それも、より美味しくね!

 

考えてみれば、そのためにディスプレイしたり接客したりインスタにアップしたりするんですよね〜 

だから魅力的に見えるディスプレイやインスタのスタイリング、シーンをイメージしながらの接客、といったことが大切。

食品売り場のパプリカのように。

 

aaandrea / Pixabay

売りたいもの、売れているものをただ見せているだけでは、実は効果はないのです。

どんな献立に仕上がるのか?そのレシピを提供するようなディスプレイや接客をして見てくださいね!

ファッションワールド東京で講演します。

日本で一番大きいファッションの展示会『ファッションワールド東京』

その場で今年もお話させていただくことになりました。

なんと無料で聴講できますよ!

(事前の申込みとファッションワールド東京への入場券が必要です)

VMDセミナーへのお申込みはこちらから↓

d.fashion-tokyo.jp
店長・販売員向け 研修セミナー - 日本最大のファッション展 - ファッション ワー...
https://d.fashion-tokyo.jp/seminar/vmd/

ファッションワールド東京への入場券はこちらから↓

セミナーの様子を収めたDVDを発売中!

VMDの基本から、売上をアップさせるシナリオ作りまで収録しました。

スライドテキストがダウンロードできるので、そのまま社員研修にも使用できますよ!

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

Comment

  1. 若松 より:

    いつも勉強させて頂いてます!
    より美味しくのワードにワクワクしました。
    さらに、店頭で味付け頑張ります!

若松 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP