異業種交流とSNS

公開日: SNS, VMD


足元のお洒落が大好きで、毎朝自分の足元の写真をツイッターにアップしている人が居たとします。毎日いろんな柄の可愛いソックスを履きこなしている。彼女の仕事はかまぼこ屋さんの店長です。ある日かまぼこを買いに来たお客さんからこんなコメントをもらう。「あなたがツイッターにアップしている靴下、いつもかわいいわね~。どこで買っているの?」「あっ、一つ上のフロアのピピリリというお店ですよ」「そうなんだ。じゃ帰りに寄ってみるわ・・・」
自分が本当に気に入っているものを楽しんでSNSに投稿すると、こういったことは日常的に起こっているの
です

昨日は、異業種交流会・神戸フェニックスクラブの20周年記念式典の基調講演でお話させていただきました。
参加している各企業が自分の扱う商品を販売したり試したりする特設ブースも設けられていました。
「あっ、あなたの会社のこの梅干し美味しいわね~」
「こんなおしゃれなニットを扱っていたんだ~」

前から顔見知りであったとしても、扱う商品やサービスに初めて触れる機会もあったりすることでしょう。

 

そんな情景を見ていてフッと思ったことがあります。

ボクらが普段SNS上で素直にリコメンドすることって、まさに異業種交流会と同じことをしているんじゃないかって。

 

異業種の方とたくさん名刺交換をして顔見知りになる・コネクションを作ることも大切かもしれません。
ただ、出会った方の商品やサービスを自分が本当に気に入ったならば、その事を素直にSNSに発信してあげると良いと思います。
しがらみではなく、ホントに素直な気持ちで。
それはその発信を見る人(フォロワー)にも伝わるのです。
売り込みにはなりにくい。

 


異業種交流会の成果を深めるためにはSNSはとてもカンタンで有効な方法だと思います。使い方を間違えず、素直な気持ちで行えば。

 

神戸フェニックスクラブの記念式典では、参加している方々に講演中にたくさんツイートしてください、と提案してみました。

その結果、#神戸フェニックス  はツイッターの神戸のトレンドにのることが出来ました。

 

でも中味をみると、ツイートしていたのは一部の限られた人たち。

まだまだ浸透するには至っていません。

 

これが神戸ではなく、全国的なトレンドにのったら、そんな妄想をしていました。

そしてそれは妄想ではなくなるのかもしれません。

だって160名を超える同志たちがその場に集ったのだから。ましてやYouTubeで全国の同志も観る事が出来たのだから。

みんなが共感をもって発信すればどうなるのだろう?

 

これからが楽しみですね。
先日参加されたみなさんが早速アクションを起こしてくださることを期待しています。

NEXT10、来るべき10年に目を向けて

ファッションワールド東京で講演します。

日本で一番大きいファッションの展示会『ファッションワールド東京』

その場で今年もお話させていただくことになりました。

なんと無料で聴講できます。

(事前の申込みとファッションワールド東京への入場券が必要です)

VMDセミナーへのお申込みはこちらから↓

ファッションワールド東京への入場券はこちらから↓

セミナーの様子を収めたDVDを発売中!

VMDの基本から、売上をアップさせるシナリオ作りまで収録しました。

そのまま社員研修にも使用できますよ!

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP