Happy Christmas!|自主セミナーを振り返って

公開日: VMD, 自主セミナー


こんにちは!

藤井雅範です。

札幌、芦屋、東京、福岡、そして仙台

12月なのにまだ雪のない札幌。ボクの失言からスタートしたものの(笑)終始温かく和やかなムードでした。そんなムードとは裏腹に、セミナーが終わって外に出たらそこは一面銀世界に!なれていないボクはビックリ。

 

芦屋は、もう三回目となる三日月と太陽で。ホームタウンですが、新しい出会いが沢山あったなぁ。

 

そして東京。いつも参加してくれる人、初めて合う人、いままでは福岡で参加してくれた人が東京で参加してくれたり、ご縁をつないでいただきました。

 

それから福岡。なんと沖縄からも鹿児島からもこのセミナーのためにやってきてくれた人がいらっしゃいました。嬉しい!!

 

最後は仙台。ちょうど光のページェント初日。参加者はいつも来てくれる大好きな仲間たち。何だか奇跡的な盛り上がりの一夜となりました。

僕は・君たちが・好きだ

セミナーは『村上春樹から学ぶ、VMD3つの気づき』というテーマで構成しました。

その3つ目のタイトルは「僕は・君たちが・好きだ」というもの。

これは、「風の歌を聴け」という村上春樹のデビュー作の中で登場する言葉です。ちょっと紹介しますね。

 風の歌を聴け

ラジオのディスクジョッキー宛に届いたリクエストハガキ。その中に書かれていたのはこんな内容。

 「難病で入院している17歳の少女。彼女はベッドの上に三年間も寝たきりで、この手紙もお姉さんに代筆してもらっている。彼女が治る可能性は、新人投手がジャイアンツを相手にノーヒットノーランを取るよりは多く、完封勝利を収めるよりは少ない、僅かな確率。自分が死ぬ事を考えるととても怖くなるがそれを考えずにはいられない彼女。病室の窓からは港が見える。彼女は時々妄想する。一度で良いからこのまま港に歩いていって、思いっきり潮の香りを胸に吸い込むことができたら、ベッドの上で一生を終えたとしても構わない・・・」

そのハガキを読んだディスクジョッキーはこうつぶやく。

「僕は・君たちが・好きだ」

 セミナーでの話題

セミナーではこんな話をしました。

・お客さまをお迎えする心

・お客さまと仲良くなる

・お客さまを好きになる

これが出来るととっても良いことが起こるんです。

それはこういうこと。

 

お客さまを好きになると、お客さまもあなたを好きになってくださる。

『あの店で買いたい。あなたから買いたい。』

わざわざあなたのお店に行く理由が明確になる。

 

「風の歌を聴け」に登場するラジオのディスクジョッキー。もちろん彼には難病の女の子を治すことはできない。

ただリクエスト曲をかけてメッセージをつたえるだけ。

でも、生きる勇気を与えることが出来る。

 

リアル店舗でお客さまと向き合うみなさんのお仕事も、こう考えることが出来るかもしれない。

「私の仕事はただお洋服を売ることではない。お客様の気持ちを汲み取ることなんだ」

 

自主セミナー の様子は、ツイッターで #VMDセミナー #VMDライトハウス をみて貰えれば感じていただけると思います。

楽しく、キャッキャッしていること、参加者みんなが楽しんでくれてる様子。

そしてボクが一番楽しませてもらったかもしれません。

 

今年もボクのセミナーに参加してくれた皆さんに感謝です。

A very Merry Christmas!

and

A Happy New Year!

セミナーのエンドロールにかけたイーグルスのプリーズカムホームフォークリスマス

お知らせ

限定特典:『あなたの街で出張コンサルティング!』

2019年1月31日までにDVDをお申し込みいただいた方限定での特典です!

藤井雅範があなたの街へ出かけます。その場で出張コンサルティングを行います。

しかも無料!(もちろん交通費も)

ちなみに通常のスポットコンサルティングは1時間5万円(税及び交通費別)

店舗のワンポイントアドバイス、ディスプレイテクニック、売上分解によるご相談

SNSやブログの活用、社員の皆様へのセミナー、展示会や店舗の出店改装の相談

ブランディングやディスプレイツールの相談まで。

一時間を目安に対応いたしますよ。(実施日時は要相談)

経営者の皆さん、事前にスタッフの皆さんにDVDを観てもらった後に、無料コンサルを受けられると実行力が増します。DVDなので復習も何度でも可能です。

この機会をご活用いただき、売上アップへとつなげてくださいね!

DVDのお申込みはこちらから↓

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP