リアル店舗は魅せ場

公開日: VMD, リアル店舗


こんにちは!

藤井雅範です。

 

たとえばカシミヤのニットのヌメリ感

レザーのバッグのシボ感

リアルファーの蕩けるような膨らみ・・・

考えて見れば、そういった事を体感できるのはリアル店舗ならではですよね~

ただ、モノを集めて売るだけのお店になっていませんか?

リアル店舗の意味が確実に変わってきています。

いやもう随分前から変わっている。

ただ、それを理解出来なくても売れていた時代があった、というだけの事なのです。

 

“モノを集めてきて売る”というだけの店舗では、もう売れません。圧倒的な価格優位のあるお店以外はね。

リアル店舗だからできることを考えましょう

リアル店舗では、直接商品に触れることが出来る。

そしてそこにどんな店舗環境を演出するのか?

音楽で、香りで、光で、インテリアで、サービスで。

プラスちょっとした遊び心、抜け感がお客さんの心に響くんだと思います。

一見無駄に思える、商品以外のモノや仕掛け

そういったものがお客さまの 心にフックしたりね。

スタッフの好きなものがコレクションしてあったり。それが印象深いお店になったり、会話のきっかけになったりします。

“店”は“見せ場”なだけでなく“魅せ場”

ただひたすら商品が並んでいるだけなら、どんなに美しく陳列されていてもそれ以上ではない。

お客様に価値の高い買い物体験をしていただくために、あなたはどんな工夫を凝らしていますか?

もしもモノの羅列だけをしているのなら、まだまだ改善する余地はたくさんある。

そこに早く気づいて、行動してくださいね!

 

NEWS!

  • 10/8にセミナーの様子を収めたDVDが発売されました!

VMDの基本から売上をアップさせるシナリオ作りまで収録しました。

そのまま社員研修にも使用できますよ!

  • VMDセミナーを開催します!

11月〜12月にかけて、札幌、芦屋、東京、福岡、仙台にてVMDセミナーを開催します!

いつも参加してくれている皆さんはもちろん、まだセミナーに参加されたことのない方もこの機会をご利用くださいね。
詳しくはこちらから↓

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP