ブログは思いを届けるツール。まるで古い手紙のように。

公開日: SNS, VMD


こんにちは!

藤井雅範です。

リアル店舗の売上をアップさせるコンサルタントをしています。

お客さんが笑顔になって売上につながる、そんな風にお客さんとの交流を楽しみながらお仕事できたら素敵ですよね〜。

『手紙』書いていますか?

あなたは最近『手紙』を書いていますか?

ボクは全く書いていません。

届く手紙も、殆どは売り込みのDMです。

あっ、たまに心のこもったニュースレターも届きます。

あとは請求書や官公庁からのお知らせ。

 

昔は時々、手書きで心のこもったお手紙を頂いたものです。

家族からも、友人からも、ガールフレンドからも、先輩や後輩からも、それ以外にも関わりを持った方々からお手紙を頂いた。

ボクもたまには書いていたような気がします。

terimakasih0 / Pixabay

頂いた手紙にはボクに対する興味や共感、友情や感謝、を書いていただいていた。

中には激励や忠告もありました。

みなさん『思い』を届けてくださっていました。

今思えば本当にありがたいことです。

しかし当時のボクは、受け取り方も上手くなかった。

素直でなかったり、自分が傷つくことが怖かったのだと思います、たぶん・・・

心を開いてそんな思いに応えることが苦手だったのかもしれません。

この場を借りてお詫びいたします!いまさらですが(笑)『ホントにごめんなさい!』

 

今は思いを受け取るのが得意になりました(笑)

興味や共感、友情や感謝を伝えていただくと極めて素直に受け取ります。

でも、そうなってからは手紙をくれる人が減りました。皮肉なもんです。

そのかわり、セミナー後に書いてもらったアンケートなどはじっくり読んでそのまんま受け取ります(ホントに良いこと書いてくれる人が多いのです、感謝!)

あるいは、感想をSNSやブログにアップしてくださる。

それが、昔の手紙代わりなのかもしれません。

だから大切にじっくり読ませていただきます。

今、『思いを届ける』ツールは?

手紙というツールを今はあまり使わなくなった。

それだけに、今もなお有効な手段かもしれません。

 

でも今はE-mailはもちろんSNSがあるし、ブログもある。

SNSやブログは直筆の手紙のように思いを届けることもできます。

それも同時に多くの人に。

 

だから印刷された売り込みのDMにならないようにしたいですね〜。

開封されることなくゴミ箱に捨てられないように!

 

心に残る、『思いを届ける』ツールとして活用できれば良いなぁ。

みなさんも『お手紙』のようなブログやSNSを書いてみてくださいね!

それはきっと、誰かのこころにずっと残っていくことでしょう。

まるで池にポンと放り投げられた小石のように、静かに深く・・・

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP