情報やノウハウだけの本なら、もういらない・・・

公開日: VMD


こんにちは!

藤井雅範です。

リアル書籍の売上が落ちている・・・

本が売れなくなってきている。

これはリアルな紙の本のお話。

2017年の出版物の売上はなんと13年連続で前年を下回っているらしい。

逆に電子書籍は前年比16%増。

まぁ、仕方がない状況ではありますよね〜。

当然かも知れない。

 

本屋さんだってそうです。

2007年度には17327店舗あった本屋さんは2017年度時点で13576店舗に減っているそうです。

10年間で3751店舗。

つまり日本では、毎日一軒の本屋さんが閉店していっているような計算です。

確かにそんなことは体感できますね・・・

情報を得るだけではない、本の魅力

情報を得たいだけなら本でなくても良い

昔は情報を得たいと思えば本から得ていました。

本屋さんや図書館に行って探す。

でも今は、ほとんどのことはネットで検索可能になってきました。

加えて電子書籍も充実してきています。

 

つまり、単なる情報を得るだけの本は淘汰されて当然かもしれません。

でもねぇ、みなさんも何冊かありませんか?

この本は何度も読んでいるけど手放せない、そんな一冊が。

何度も読み返しているけれどまた読みたくなる小説。

ノウハウは十分吸収したのに、手元においておきたくなるビジネス書。

紙の手触りや質感、インクの匂いやずっしりとした重さ。

そんなものもリアルな書籍の良さかもしれません。

来年、本を出版します!

本を出版しようと思います。

来年。

といっても今はまだ何も決まっていません(笑)

昨日、神戸は北野のヴィンテージマンション『ダン・アパートメンツ』で、フト思いついただけです。

 

でもなんだか出版したくなってきました。

内容は、自分が経験してきたことを書きます、たぶん・・・

目指すところは、読んで下さる皆さんが手元においておきたくなるような本。

ビジネス書かもしれないし、ノウハウも書くかもしれません。

でも知識や情報やノウハウだけじゃなく、リアル書籍としてたまに読み返したくなる本を。

 

出版社の方、編集者のみなさん。

興味のある方は連絡くださいね!
良い本を一緒に作りましょう(笑顔)

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

PAGE TOP