セミナーに参加した後にやるべきこととは?|VMDセミナーin芦屋

公開日: VMD, セミナー


こんにちは!

藤井雅範です。

昨夜行われたVMDセミナーin芦屋。

ファッション関係、デザイン施工関係、VMD職、飲食店、美容ベンダー、空間コーディネーター、税理士、心理カウンセラーまで、リアル店舗に直接的・間接的に関わる皆さんが参加してくれました。

ボクが話し始めると、参加して下さった皆さんがジッと見つめてくださっていました。

途中で居眠りする予想をしていたhbkkさんも、眠る事なく熱心に聴き入ってくれるほど(笑)

熱い空気感の漂う時間となったように思います。

 

懇親会では山本やすぞうさんの発案で急遽ツイート大会。

ツイッターのアカウントを持っていない人は作る、セミナーの感想をツイートする、隣に座った人を紹介する。

そんなツイートを参加者で行いました。

学んだ事を即行動に移す、懇親会の場で実現してしまいましたね!

さすが『わいわい』(山本さんのニックネーム)

その場での新しい出会いも生まれましたねぇ。

 

セミナー会場の「ブックカフェ三日月と太陽」は大正時代の建物。

ノスタルジックな空間の中で、濃い時間を過ごせたと思います。

 

参加していただいた方に、今一度お伝えしたいこと!

たとえどんなに学びがあったとしても、行動に移さなければ学んだ意味はない。

今やる、すぐやる、動くことです。

たった一晩経つだけで、熱は確実に冷めるから・・・

 

『伝わるように伝える』ということ

お店やブランドや商品の価値をお客様に伝えましょう!

文章にしたり、言葉にしたり、写真に撮ったり、ディスプレイで表現したり。

伝えたいことは「伝わるように工夫」をして伝えきること!

シナリオを描こう!

そしてシナリオを描くことです。

『シナリオ』を描く上でアイディアに詰まった場合は『お客様のライフスタイルを思い遣ること』がヒントになりますよ。

実践しましょうね!!!

 

スタッフとして協力していただいた皆さま、そして昨日参加して下さった皆さまありがとうございました。

出会えた事に感謝です!!!

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

Comment

  1. 梅田智香子 より:

    藤井雅範様
    芦屋セミナーでお世話になりました梅田です。
    真面目な講義にフフッと笑える軽快なトーク、初心者でも分りやすいビフォーアフター映像に旬の話題、スパイシーな香り、まさに五感に響くVMDセミナー。
    充実の3時間をありがとうございました‼️
    本当に行って良かった‼️
    このひと言に尽きます。
    あの日藤井さんをサポートされてた皆様方からも
    藤井さんの人柄が伺えました。
    私の作った資料にも目を通しご指摘いただきありがとうございます。
    最高で最強の師を得たとひとり喜びに浸っております。
    昨日早速に社長に直訴してきました。
    うちのリアル店舗に携わるスタッフにどんどん参加させますね。
    京都では講演予定ありませんか?
    会場ならいい場所ご紹介できますのでお気軽にお声かけ下さい。
    会社自体、卸しの歴史が長く道のりは長そうですが、
    SNSは若手に、古狸の私は人の心に寄り添うおもてなし部分をサポートしながらいい店作りをして行きたいと思います。

    お伝えしたいことはまだまだありますが取り急ぎお礼方々。
    ご多忙のひび、
    どうかお体ご自愛下さいませ。

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP